読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

婚活:昨年と同じような今年にしないために

出会いがない、

ちゃんとした彼ができない、

彼がいても結婚に進まない、

上記3つの状態のまま今年を迎えてしまったあなたに読んでほしいです。

 

前進に必要なのは現状の認識、理想と現実のズレを矯正することだと思います。

自分の真のニーズが変わっていることに気づいていないのではないでしょうか。

自分の幸せが何か、自分はどういう風になりたいのか、

それがわかっていないために不要な悩みが増えたり行動がブレたり、

せっかく頑張ってもなんだか成果がイマイチになってしまっていませんか?

 

新年は目標を再設定する絶好のチャンスです、

もう1度自分のニーズを考えてみましょう。

この1年で微妙に考えが変わっていませんか?

状況が変化してできることが増えたり、

逆に現実的じゃないなあと思ったことなどありませんか?

 

例えば私は昨年の婚活で意識の変化がありました。

一昨年は結婚前提のお付き合いしかありえないと思っていました。

時期を決めて同棲し、その後時期を決めて結婚の話ができる人じゃないとダメだと。

そのような目標設定をしていると、そのような男性が現れました。

 

しかしその方とデートしているうちに心境の変化がありました。

何回デートしたから付き合おう、何ヶ月付き合ったから同棲しよう、

何年たったから結婚しよう、そういうのって無理があるかも、、、と。

私って実は今すぐ結婚を望んでいるわけじゃないんだって気づいたんです。

そうして、別に結婚前提で付き合わなくていいやという気持ちでいたところ、

昨年いまの彼と出会い本当に楽しく過ごすことができました。

 

もし私が一昨年のまま昨年も結婚前提の相手にこだわっていたなら、

考え過ぎてしまって誰とも付き合えなかったかもしれません。

昨年の年頭に今年限りの目標の再設定をしたからこそ、

多くの独身の女友達を差し置いてさっさと彼を作ることができました。

 

疑問をお持ちになってる方もいらっしゃるかもしれません。

「結婚前提じゃない彼と付き合ってもそれは婚活じゃないのでは?」

「そんなのセフレと一緒で結局意味ないんじゃないの?」

ある人にはそうかもしれませんが、私にとっては十分意味がありました。

だって私はゼロ(彼氏いない)からの出発だったのですから。

 

結婚する以前にまず、

この人とずっと一緒に居たいなと思える人に巡り合わなくては、

そしてその人とお付き合いしなくては始まりませんよね。

 

私は昨年すぐ結婚とは考えていませんでしたが、

婚活パーティや婚活系サイトで出会いを求めて活動してみました。

そして一緒に居て楽しいと思える男性に巡り合い〜付き合い〜リア充

昨年だけでスタートからそこまで達成できたのですから充分だと思いませんか?

もしかすると今年変化があって電撃入籍しちゃうかもしれませんし、

少なくとも結婚の可能性が発生している状態になりました。

 

スタート地点に立たなくては始まらない、

そのスタート地点に立つために

ゴールとそこまでの道のりを棚卸しして再設定しましょうという話なんです。

 

おそらくそういうことをせずに毎年過ごしているであろう女友達は

現状維持という名の実質衰退の一途をたどっています。

状態変わらなくとも年だけ取るわけですから実質衰退です。

ちゃんとした彼氏ができない人は同じメンバーで女子会ばかりやってるし、

子供じみた恋愛体質を改善しない人は相変わらずクズ男を選んでは振られてるし、

彼氏に結婚話ができない人は若い女の出現に怯えたままです。

 

書き出してみましょう、

あなたが幸せになるための相手の条件や理想の暮らしを。

同じようにこれだけは絶対嫌だという相手のタイプや暮らしも。

幸せと不幸の2つを分けてざっと箇条書きにし優先順位をつけてください。

それぞれ上から3つだけ残してあとは捨てる。

(4位以下なんか大したことありません、自分だってさほど気にしてないはず)

 

そして、自分で設定した幸せの条件を基に、

それに合ってるかどうかでこの1年の判断と行動をしてみてください。

同じように、不幸の条件の気配を感じ取ったら容赦なく避ける、手を引く。

ひたすらそれを繰り返すだけです、単純です。

でも何もしないよりも確実に幸せに近づき不幸を遠ざけます。

 

冷静に考えて年頭に決めたことって結構的を得ています。

その時々のホルモンバランスや感情のグラつきほどあてにならないものはありません。

今年1年という短い単位ですからその間だけ実行してみましょう。

 

ゴールはあなたが決めた「自分の幸せ」です。

出会いのためにどう行動するか、相手を決めるときどこを見るか、

ダメ彼氏の何を我慢してどこを許さないか、

ゴール(幸せ)とドボン(不幸)を念頭に置いていれば

どの道を辿ればいいかその都度わかるようになります。

他人の意見に振り回されて無駄に悩むことも減るでしょう。

 

現実とかけ離れた壮大なゴールよりも、

ちょっと頑張ったらクリアできる目標にしたほうが

結局のところ継続的に前進しやすいって言われますよね。

ほどほどにいきましょう!

納得いかないクリスマスデートか、クリぼっちか、それが問題だ。

リアルタイムで読んでいるあなた…クリぼっちですね〜よっご同類!

そうです、私も一人でクリスマスイブの夜を過ごしています。

今年は新しい彼との始めてのクリスマスなのですが、

直前にケンカをしてしまいまして。。。あるある。

 

仲直りのデートのお誘いがあったけれど結局断りました。

みんなこういう時どうします?

やっぱりクリスマスだからデートするのかしら。

 

もちろん葛藤はありましたよ。

納得いかないし気分も乗らないけど、

ディナーもプレゼントある、彼にもご機嫌とってもらって仲直りして、

いいことばかりのクリスマスデート。

断れば、ひとりぼっちのクリスマスイブ。

ひとりぼっちの「アラフォーの」クリスマスイブ。

 

ち〜〜〜〜ん。

寒い。

 

しかし、

迷って迷って結局ぼっちを選んだんですけど、

彼に断りのメールを送信した瞬間すごく気が楽になったんですねー。

私にとっては彼と会う方がストレスだったとわかりました。

 

逆に、

それほどストレスを感じていたのに、

クリスマスというキラキラした恋人たちの時間に執着していたんですねえ。

 

断った理由はまだ彼に会いたくなかったからです。

ケンカの気持ちを引きずっており気まずいというか。

仲直りの外枠…店とか物とか雰囲気とかお膳立ては整っていても、

自分の中でまだしこりが残っていてはそういうものも意味がないような気がして。

 

我ながら頑固だなあとも思いますが、

会いたくないものは会いたくないし、会ってもきっと笑顔になれないし、

彼だって、会うからには大人の対応しろよって不満が残るでしょうし。

 

思い切ってキラキラ輝く夜を捨て、休養日に充てることにしました。

こんな日は、洗濯して、キッチン周りの油汚れをしこたま落として、

掃除機の掃除までして、年内の不要な書類にシュレッターをかけて、

冷蔵庫のにあるもので普通の料理をして、ゆっくり過ごすに限ります。

意外となんの後悔もないものです。

 

若い頃ならキラキラしてる自分になりたくて無理してデートしてましたね。

そこでまたへそを曲げてケンカを蒸し返したり、

ベッドで背中を向けて涙をこぼしたりしてました、きっと(笑)

 

それを思えばアラフォーとは随分楽になれたもので。

損得考えて何かに向かって自分を捻じ曲げるより、

自分が快適か幸せを感じられるのかを軸に行動するのが一番とわかってる。

あ〜エンタの神様おもしろい。

彼氏に一緒に住もうと言われたアラフォーの決断:2選

結婚の話は全く出ていないけどなんとな〜くずるずる付き合っている、そんな彼氏からある日突然「一緒に住もう」と言われたアラフォー女性の選択とその後の2つの実話です。

 

ケース1:地味な受け身体質で婚期を逃しつづけたSさんがついに結婚に至った話

Sさんは短大を出てコツコツとお勤めしている事務員さん。くりっとした目、笑うと可愛い八重歯、順応な性格でいつも笑顔で控えめ、誰とでも仲良くやっていける女性です。しかし地味、とにかく色気が感じられないタイプ。「Sさん若いころまあまあ可愛いよね〜酔わせてどうにかしたい感じとかじゃないけど」など、アラフォーでもオカンくささはないものの、男性が女性として意識する範囲からは確実に外れつつありました。

Sさんには1年くらいお付き合いしていた同僚の彼氏がいます。彼はバツ1で特に結婚の話は出ておらず、お互い実家住まいなので休日にデートするくらいのお付き合いがなんとなく続いておりました。

そんなとき彼が実家の都合で家を出て一人暮らしすることになりました。彼氏はもういい年齢なので、この際賃貸ではなくマンションを買おうということにしました。だったら今更一人暮らし向けではなく、どうせなら将来を考えて広めの間取りにすることにした。つきましては部屋もあるしSさんも一緒に住まない?一緒に住むならどうせだったら入籍しない?とトントン拍子の申し出があったそうです。

それまで彼に結婚について聞いたことは一度もなかったSさん。もともと受け身で順応な彼女は、本当にこの人でいいのかなど迷いもあったけど彼に言われるがままにその運命に従うことにしたそうです。恋人がいるか周囲にも特に興味を持たれていないようなSさんでしたが、地味で消極的で受け身のまま、まさに運命が降ってきたタイミングに素直に乗ってつかんだ幸せでした。

 

ケース2:優柔不断のダメ男がついに本気になったのに踏み切れないMさんの話

Mさんはダメんず好きです。ちょっと見た目が良くてダメなかわいい男性が好み。プライドが高いのに自信がなくて、自分を好きだと言ってくれる女性に対して優しくするどころか甘えて自分本位に振舞うような面倒臭い男性が好きなんです。

Mさんは社交的でまあまあ出会いもあり善良で結婚向きなメンズからそこそこモテます。でも善良なメンズはつまらないんだそうです。猛アタックされて大事にされても、グズグズ煮え切らない態度を続けるくされ縁のダメ彼のことが気にかかる。

その彼とは知り合って数年、何度か関係は持っているけど数年の間にくっついたり離れたり、正式なお付き合いではありません。時々甘えてくるそんな優柔不断な男性は、セフレというよりも自信を失った時に愚痴を聞き励まして自信をつけてくれるような女性を求めている感じ。でも自信がつくと途端に冷たい態度をとったりするので、好きなんだけど心を乱されるのが嫌でMさんは彼と距離を取ることにしました。

すると、彼女を大事にしなかった自分本位の彼が次第に変化が見られるようになりました。彼がMさんを追いかけるようになっていったのです。週末を一緒に過ごすことを楽しみ、彼女の希望を聞き、叶える努力をし始めた。そう、プライドの高い甘えん坊がやっと心を開いたのです。彼はやっと認めたのです、Mさんと居ると居心地がいい、自分1人でいるよりも他のどの女といるよりも。そしてついに同棲しようと言い出しました。

優柔不断の彼がついにその気になってくれたというのに、Mさんはその申し出を断りたいというのです。彼のお守役を24時間毎日するのは嫌だから、と。Mさんは手のかかる男の人に尽くすのが好きな女性、週末彼と一緒に過ごす時は全精力を傾けて彼が居心地がいいように頑張ります。たまにだったらいいけど、ずっと一緒なんかやってられないと。

一人暮らしが長くなるとぼっち時間の良さを知り尽くしています。誰かと過ごすことは、気を使いすぎたり、自分のライフスタイルを変えなければならず、二人の良さよりもストレスの方が気になってしまい億劫に感じますよね。Mさんは結局その申し出を保留にすることにしました。彼が拒絶されたと受け取るかもしれませんし、彼の気がまた変わるかもしれません、もしかすると一緒に暮らせばそのまま結婚という話になるかもしれないのに、Mさんはひとりで居ることを選んだということでした。

・・・・・・

どうでしょう、考えさせられますよね。

アラフォー女性の生き方の違いがよく出ています。

なんとなく消極的な生き方をしてきたSさんは出会いも少なく付き合っても結婚へのクロージングを積極的にしないため未婚のまま来てしまいましたが、たまたま真っ当で行動力のある彼と出会いその流れに従うことで結婚という一つのゴールへたどり着きました。

一方、好きだった彼が苦労の末やっと落ち着いて理想的な彼に変わり本気になってくれたのに、二人の新しい世界を形成することよりも一人で築いてきた自分のペースや世界を守ることを選んだMさんは、結婚に憧れを持ち世間的にもしたほうがいいと思っていても、実は結婚をしたいとは思っていないのかもしれませんね。

どちらがいいということはありません、それぞれの生き方です。

彼に同棲しようと言われたらあなたはどうしますか?

私は、以前ならば何年後に結婚という前提でならOKでした。ズルズル一緒に住み始めイヤになったから出て行くというような関係はけじめがないと考えていました。でも今は少し違うかなと思い始めています。何年後に結婚する気になってるか自分もわからないし、何年一緒に過ごしたから結婚しなきゃならないっていうのも変だし、そもそも法律で契約する必要性があるのかなと現時点では思っています。

SさんとMさんの二人の全く違う決断は、付き合ったその先に何を求めているか、自分がどういう生き方をしたいのかを考えるいいきっかけとなりました。

 

 

 

 

 

 

【男性向け】関係別アラフォー女性へのクリスマスプレゼント

さあ今年もやってまいりました、

男性の皆さんの頭と財布を悩ませるこの季節が。

 

気になる女友達や同僚、彼女や奥様へのプレゼント選び、いったい何が正解なの?!

正直センスとかないし店員の口車に乗って無用な高額品を買わされるのも嫌だし。

 

そこで、女性の立場から見た「こんなの欲しいよねー」というご提案です。

相手の女性との関係性やのその女性のタイプなどに応じて考えてみました。

もちろん女性とはアラフォー限定です。

 

まずはじめに。

 

◆ただの友達や同僚、でも気になる女性に贈るちょっとしたプレゼント

キーポイントは「さりげなさ、気軽さ」です。

まだお付き合いしていないただの友達です、もしかすると彼女はまだあなたのことを異性として考えたことがないかもしれません。なので手土産程度の気軽なものが良いでしょう。あなたも彼女の趣味や好みもわからないし、万が一好みじゃなかった場合も気軽なものの方が彼女も罪悪感を持たずに他人に差し上げたりできます。

二人きりになることが無理なら、みんなで集まった時にこっそり彼女だけに「これクリスマスプレゼント。全員の分はないから内緒だよ。」と言って彼女の手にポンと押し付けてしまいましょう。みんなにバレずにすぐにバッグにしまえるように手のひらサイズのものが良いでしょう。大げさな箱や手提げ袋はかえって邪魔になるので購入したお店でもできるだけコンパクトに(でも包装やリボンシールはクリスマスっぽいカラーのもので)ギフトラッピング指示しましょう。

・クリスマス雑貨

スノードーム、オーナメント1個、飾れる立体的なクリスマスカードなど。予算1,000円くらい。ソニプラや東急ハンズやファッションビルに入ってるインテリア雑貨店に多く置いてます。自分では買わなくてもなんだか嬉しい気分になるのがクリスマスグッズ。1ヶ月程度の季節ものなので部屋に飾ったとしても重くありません。

・高級チョコレート数粒

スイーツが嫌いな女性はいません。アラフォーですから量より質、少しで高級感が伝わり、ラッピングもとっても素敵な外国のショコラティエのものが良いでしょう。どこのデパ地下でも何ブランドか揃っています。だいたいどの店も2、3粒〜5粒くらいの小さいセットがあります。予算は1,500〜3,000円くらい。

・スタバカード

みんな大好きスターバックスカフェのプリペイドカードです。可愛い柄がたくさんあって季節や店舗限定デザインもあるので何枚もらっても困りはしません。デカフェメニューもあるのでカフェインがダメな女性でも使えます。今ならクリスマス限定デザインもありますし、オンラインストアならカードとマグのギフトセットもあるようです。カード自体は無料、カードを選んでレジで1,000円以上チャージをするだけです。ギフト用ラッピングもしてくれます。予算1,000円〜。

 

(´・Д・)」NGアイテム

・アクセサリー、香水、口紅、入浴剤など肌を連想させるもの

彼氏でもない男性なので身につけるものは気持ち悪いです。

・高級ブランドや高額品

高いものをもらうと何か見返り(愛とか肉体関係とか)を期待されている気がして気が重いです。

・普通に美味しい食べ物とか便利な日用品

実用的すぎるものはお歳暮みたいでロマンティックさに欠けます。

 

◆友達以上恋人未満?ある程度仲が良い女友達とさらに親密になるための贈り物

キーポイントは「ロマンティック」です。

僕たちそろそろ男女の関係に進まない?という気持ちをプレゼントで意思表示しましょう。あなたが彼女を女性として意識していることを伝えるには、女性らしいプレゼントを贈るのが一番わかりやすいです。ある程度一緒に過ごしていれば彼女もあなたとの関係について、薄々男女を意識しているはずです。異性としてみていることを相手に意識させるもの、友達付き合いの中で彼女の好みをあなたがちゃんと理解していることがアピールできるもの、ズバリ恋人同士を連想させるもの、などが良いでしょう。

もし彼女もあなたを男性として意識していて告白を待っているのであれば、ロマンティックなプレゼントをとても喜ぶでしょう。友達として好きだけどキスとかは無理〜なのであれば「私がこんな素敵なもの頂いていいのかな?なんか彼女向けっぽくない?」などとやんわり動揺を見せるでしょう。でもある程度の二人の付き合いがあるのですから照れはあっても悪い気はしないでしょう。

・身につけるもの

リング以外のピアスやネックレスなどのアクセサリー。これに尽きます、ハズレなし。女性は男性として意識している人や夫からは、ダントツでこれらを欲しいと思っています。何を選んでいいかわからないならデパートで女性店員さんに相談しましょう。予算、年齢、彼女の雰囲気を伝えればとってもセンスの良いベストなチョイスをしてくださいます。頑張りたいところですがまだ彼女ではないのでさほど高額でなくて良いと思います。とはいえ学生ではないのでアクセサリーでも25,000円程度〜の予算は見ておきましょう。材質はシルバーは不可、14〜18金のものをお勧めします。

・彼女の好きなもの(商品特定かその分野について自分も知識がある場合)

彼女が前から良いなぁと欲しがっていた具体的な商品が予算内であればそれに越したことはありません。前に欲しがってたアレもう買った?もしよかったらクリスマスだしプレゼントしようと思っだんだけどどうかな?と聞いてみましょう。値段もわかっているしそのまま一緒にお買い物デートに突入です!また彼女が音楽好きなら高機能のヘッドフォンなど、趣味だけど自分で買うには贅沢かなあと思っている物。君の好きなもの僕は知ってるよ!ということが伝わりますね。誰でも好きなものにはお金を払うものなので、安いものだと「この程度ならいつでも自分で買える」と思われてしまいます。30,000円〜の予算で臨みましょう。

・恋人同士が行くようなイベント

ナイトクルーズとかラブソング系の歌手のライブとかディナーでもちょっと改まっていくような夜景の綺麗なレストランなど。夜っぽさ、二人の男女感のムードを演出が大事です。ちょっとオシャレして来てね、ワンピース姿とか見てみたいな、と彼女の女性らしさを意識していることを伝えましょう。着飾ってお出かけすることにときめかない女性はいません。イベントはあなたと2人分の予算なのでやはり30,000円〜は必要。

 

(´・Д・)」NGアイテム 

・指輪、下着、泊まりのイベント

まだ彼女ではないので性的なイメージはすごくストレスです。指輪は恋人の証なのでまだこの程度の関係では早いです。もう少し先に取っておきましょう。

・彼女の得意な分野や専門分野だが自分は不得意分野なアイテム

得意分野は相手の方が知識が豊富ですしこだわりも強い場合が多いです。例えば彼女がワイン好きであなたがあまり知識がなく適当に値段だけで選んで贈った場合、ありがとう〜の裏に(ああ、このワインね。そこそこの値段だけどその辺のスーパーでも売ってるやつだし、好きな品種じゃないのよね〜これだったら同じ値段で好きなのを買ってくれた方が嬉しかったのに)と逆に不満に思われてしまうかもしれません。これは女子同士でも気をつけていることで、コーヒー好きにコーヒーは贈るなとかよく言われます。相手の方が詳しいもので満足してもらうのは非常に難易度が高いです。

 

◆付き合って初めてのクリスマス、付き合ってまだ年数が浅いクリスマス (本命)

 キーポイントは「特別感」です。

プロポーズの次に男性が頑張らねばならないのは「初めての◯◯」の時。初回だけでも全力を出してください。付き合いが続いたとしても、のちのちずっと文句を言われます。なので予算も思い切って、ゴージャスに、ロマンティックに、100%女性好み彼女好みにしてください。

付き合って数年の場合もがんばってください。だって年々面倒になって手抜きするのが男性なんですから。普段慣れてグズグズになってしまってきても、初心を思い出してクリスマスくらい普段と違う特別感を演出するように心がけてください。

よくわからなければデパートやブランド店の女性店員さんにお任せしましょう、トレンドや人気商品や女性が喜ぶアイデア(イニシャル入れなど)を熟知しておられます。

・指輪 → 月並みですが、もう絶対にこれは外してはいけません。そしてケチらないでください。恋人からもらう指輪はそれはそれは特別なものです。仕事やアレルギーなどの理由で指輪をつけられないなら彼女に確認した上でジュエリーのネックレスやピアス、腕時計でもいいと思います。僕と思って肌身離さずつけててねという男性の独占欲も、センスの良い上質なアイテムなら女性もセクシーな気持ちになるものです。

ご予算は20万円前後〜。相手は大人の女性です、学生のバイト代で買えるようなものはデザイン的にも若かったりチープだったりカジュアルだったりして合いませんし、はっきり言ってその程度のものならアラフォー女性は普通に自分で買えます。大人の男性が本命の女性に愛と感謝を伝えるのですから、年収の何%かは捧げる覚悟を持ってください。女性もかなり期待しているはずですが、その期待を超えるジュエリーを贈られればあなたが本当に自分を大切にしてくれる男性だと確信するでしょう。毎日目に触れるもののであなたへの感謝は高まるし、長く使えるアイテムなので高い買い物でも費用対効果は高いです。

・彼女の欲しがっているブランド物

バッグなら25万円〜くらいは予算を組んでおきたいものですが、限定のお財布とか集めているお気に入りの新作シューズ・レアな携帯ケースなど、小物の場合は10万もしない物もあります。その場合は、やはり彼女の好みとブランド情報を日頃から収集しておくことが大切でしょう。私の好きなものわかってくれてる→しかも限定アイテムをチェックしてわざわざ入手してくれた!という特別感が彼女を喜ばせるのです。ご予算的に余裕がありそうなら、お揃いのデザインで複数アイテムの合わせ技などはポイントが高いです。

・ランジェリー付き泊まりのイベント

恋人関係ならではのプレゼントですね。ベタですがホテルでディナー&バラの花びらを浮かべた バスタブにイチゴとシャンパン。露天風呂付きのこぢんまりした温泉でしっぽり。そしてあなたの好みのセクシーなランジェリー。

醍醐味は、一緒に楽しめることです!一通りデートで済んでいることかもしれませんが、いつもより上質で、そしていつもよりエロ全開で挑みましょう。女性の下着は恥ずかしくて買いに行けないという方はネット通販で買えます。間違っても風俗嬢みたいな安物は選ばないように。外国製が上質でセクシーですがレースの上等なものはブラだけで数万円します。ビクトリアズシークレットなどはアラフォーにも人気で手頃な値段なのでオススメです。1泊2日のお泊りで食事や移動コミコミで15万円+下着2万円くらいでしょうか。

 

(´・Д・)」NGアイテム 

・ノーブランドの高いジュエリー、自分がデザインしたジュエリー

男性が本気でジュエリーを贈るとき、ノーブランドで石の大きな「ザ・宝石」や自分でデザインしたものをなぜか選びたがる傾向があります。本気度は賞賛に値しますがやめておいた方が無難です。理由は99.9%ダサいからです。その予算があれば欲しかったブルガリのアレが買えたのに…と女子会で嘆く女性は実際多いです。女性に比べて男性は貴金属に対する知識が全くありません、ですが思い入れは強いアイテムなので自分が良いと思うものをサプライズで渡したいと思います。しかしもらう側の気持ちを考えてみてください、趣味にも服にも合わないものを身につける苦痛、しかも高額だしもらった手前毎日つけないと申し訳ないというプレッシャー。この前あげたアレなんでつけてないの?と恋人に笑顔で言われて、あんなダサいのつけたくなーい!と言える女性はいません。お願いですから雑誌に載っているブランド店に行って店員さんの勧める中から選んであげてください。

・実用品

いくら高いものでも上等でも彼女が買おうかなあとつぶやいていたとしても、鍋とか美容クリームとか実用的すぎるものはやめておきましょう。それは付き合いが長いカップルとか夫婦とか、もうロマンスは求めていない間柄になってからのアイテムです。もらって嫌ではないしむしろ嬉しいとは思いますが、所帯くささが否めません。付き合って間もない時期は一瞬ですので、その間だけでもロマンティックな演出を優先しましょう。

 

◆おまけ:付き合いの長い恋人、夫婦

ポイントはズバリ「一緒に行く」です。

大事なことは予算ではなく一緒に買いに行くこと。ついつい、好きなものを買って来なよと家族カードやお金を渡して本人に一人で買わせるようになってしまうのですが、倦怠期に突入しているカップルは一緒に過ごすことが最も重要になります。選びながらパートナーの趣味に興味を持つ、ディナーに行ってゆっくり話を聞くなど、金額よりもコミュニケーションを意識してください。

・相手の欲しいもの

付き合いが長くなるとサプライズもネタが尽きてしまいますし、女性も遠慮なく自分の希望を伝えることができるようになるので、それはもう相手が欲しいというものを贈るのが一番です。下手にサプライズをして外すと、感謝どころかなんで未だに私の好みを覚えてくれないの?!とケンカの原因になってしまいます。

 ・美容系商品

美顔器、エステやネイルの回数券、高級美容クリームなど。実用品の中では最もハズレなしで確実に女性は喜んでくれるアイテムです。いつもキレイでいてね、という言葉とともに贈りましょう。

・付き合い始めの思い出に関連した場所に行く

出会った場所、告白した場所、初めて◯◯した場所、、、。プレゼントに色気はなくても、初々しい思い出が蘇る場所へ連れて行きましょう。なんでわざわざここなの?と忘れているかもしれません。初めてデートしたレストランだから、と男性の方が覚えていてくれれば、多分男性が想像する3倍くらい女性は感動するものです。

(´・Д・)」NGアイテム

・ダイエット器具

買ってあげても絶対無駄になりますし部屋で邪魔になるだけです。

・現金

勝手に好きなもの買うからお金だけちょうだい、みたいなことになる場合もあります。こなれた関係の表れとも言えますが、コミュニケーションが少なくなって行くことはお互いに相手への興味がなくなって行く衰退の一歩としておすすめしません。

今年のクリスマスも女子会やってそうに見える女性のこまかい特徴

気づいてしまいました、

SNSの投稿などにより普段の活動に出てしまっています!

本当にいい人なのに、今年も聖⭐︎女子会やるんだろうなあと思える女性には

似たような傾向が感じられます。

ご自身が該当してないかどうか肝試しにチェックしてみてください。

 

(´・Д・)」”誰か今日遊んで〜〜〜”

今はどこどこにいるんだけど夜ヒマなので遊んでくれる人連絡ちょうだいなど、

誰かと飲みに行きたい時の呼びかけをSNSで公開募集する。

無計画さ丸出し、個人宛でもなく誰でもいいという誘い方、

なんてヒマで雑な女だろう!と思われても仕方ないかも。

手間でも個人的にメッセージを出して誘えばいいのに。

誰でも良いと言われて、会いたいな行こうかなと思いますか?

都合がつかなくても「あなたに会いたい」と言われれば誰だって嬉しい。

縁を大事にするってそういうことの積み重ねだと思います。

 

(´・Д・)」なぜか写りの悪い画像をアップ

自分がきれいに撮れてるわけでもない集合写真、

大したメニューじゃない手料理、

黒目強調だウサ耳だ女子高生みたいなエフェクトの自撮り、

それを人目にさらすことに何の目的があるのか理解できません。

飲み過ぎでイッテしまってる表情、盛り付けが汚いお皿、イタイ自撮り、

見た方も見られた方も両方が損するような気がするのですが。

ありのままとは他人にどう見られているか全く気にしないことではないはず。

目がやばい画像はやめておこう、いや、その前にそこまで飲まないようにしよう、

大した料理じゃないけどお皿に散ったソースは拭いてから写真を撮ろう、

自撮りをゴテゴテに飾る美意識があるならそこも意識できるはずですよね。

 

(´・Д・)」おセンチなポエムやよくわからない決意表明

いやわかりますよ、酔って帰った寝るまでの時間とか空気の澄んだ寒い夜とか。

ついつい見せたくなるイノセントなワタシ的な何か。

行きつけの居酒屋で日本酒三合独り飲み〜みたいな女を演じておきながら、

翌日には夕陽と通りすがりのベビーカーの赤ちゃんの瞳の美しさについて語る。

そしてワタシもバラのように凛と生きてゆきたい、みたいな。

その高低差、情緒不安定さって面倒臭い以外何者でもなーい!!!

特に考えずに押しかけたいいね!の手も思わず止まります。

もういい加減に卒業しましょう、中二病から。

 

(´・Д・)」女性を応援する何かを始め出す

お稽古ごと、資格、ボランティア。

女性が輝く世の中作りに少しでも貢献したい、とか突然言い出しちゃう。

お金持ちの専業主婦がポーセラーツのお教室を開くのとは訳が違います。

えっ?結婚願望はあるのにそれを後回しにしてそっち側に立っちゃうの?

世の中より自分を輝かせることを先にした方が良くない?って心配になります。

婚活に対する実質的な敗北宣言というか、

あ、もうこの女性は独りで生きていくって決めたんだと勘違いされそうです。

 

(´・Д・)」やたらキラキラした女子だけの集まりを定期的に開催する

高級ホテルで昼からシャンパン女子会に過度に着飾って出かける、

ハッピーハロウィン!女子だけのパーティでちょっとセクシーな仮装、

毎年恒例ボジョレー解禁女子飲み会をなぜかイタリアンで、などなど。

女性だけで定期的に着飾って集まってどうするのか。。。

それってリア充?自虐?どう受け止めたら良いのでしょう?

男性はもれなく「かわいそうに…」と思うらしいです。

流行り物に飛びついて小銭を無駄遣いする浪費家にも見えてしまうんですよね。

 

(´・Д・)」微妙な付き合いの彼氏にいきなり子供の話をする

その時々に彼氏はいたのに気づけばアラフォー。

で、付き合って半年の彼に思い切って子供が欲しい話をしてみた、と。

結婚はどっちでもいいの、でも私、子供だけは絶対に欲しいの、

もう時間がないから子供だけ先に作らない?って。

なんていうか、、、順番が、、、自分勝手すぎる、、、。

そんなに子供が好きならもっと計画的に人生設計すべきだし、

自分が焦ってるからってビミョーな時期の彼に尻拭いしてほしいってどうかと思います。

「男は100%ドン引き」「恋愛感情も一気に冷めて逃げたくなる」説は信じていいです。

 

(´・Д・)」連休によく遊ぶのは会社の後輩女子か友達の夫婦

自宅でタコパや鍋パ、遠出したり旅行に行ったり、

その全てがいつも会社の後輩女子か、

結婚した女友達とその旦那さんと一緒だなんて、、、。

せっかく婚活の一環として、

日頃から飲み会や山歩きの会や語学教室などに顔を出しているなら、

いつもみんなで遊ぶメンバーの中から個人的にご縁を深めていけばいいのにと思います。

 

(´・Д・)」そんな行事に参加したり投稿にRTするのも類友な独身女性

冒頭の”誰か今日遊んで〜〜〜”の投稿。

残念なのはそれに答えるのも類友な独身女性です。

「ざんねーん今日は無理〜」「残業なかったら行きたかったです」など、

そんな誘い方する方も残念ですが、

期待されてない返答をわざわざ入力するほうも似たり寄ったりなんですよね。

昼間からシャンパンの会に誘われて参加する女友達も然りです。

自分には該当しないと思って方も、

上記特徴の女友達とよく遊んでいるなら要注意かもしれませんよ。

 

・・・・・

さて今年のクリスマスのご予定は?

まさかいつものメンバーと女子会の予定なんか入れてませんよね?

あの子お料理上手よね〜とか日本酒持って行くね!とか言ってませんか?

 

女性だけで集まるのが良くないということではないんです。

クリスマスという絶好のお膳立てに乗らない手はないと思うのですよ。

気になる男性を自分から誘ってみるとか、

合コンや、男性も来るイベントを探してみるとか是非してください。

挑戦することなく楽な道を選ばないでほしいというか、

寂しい思いだけはしないで済む保険を早々にかけないでほしいと思います。

空振りなら独りで帰って家でケーキを食べるのもいいじゃないですか!

【ネット婚活】ネットで知り合った人と付き合っていて困る事

ネットで知り合った人とお付き合いをする事になり、

付き合っていくうちにネットならではと言える問題が出てきました。

 

●友達になれそめを聞かれた時、正直に言いにくい

 

お付き合いが進んでいくと遅かれ早かれ互いの友達に紹介し合う時がきます。

その時必ず「2人はどこで知り合ったの?」と聞かれることになりますが、

正直に「婚活サイトです!」と答えるのはものすごぉぉぉく勇気が必要です。

 

ネットで異性と知り合うことについてはまだまだ世間的に偏見があり、

「相手の身元は大丈夫?」とか「騙されてるんじゃないの?」とか言われます。

そもそも公式な出自や素性もわからない人なんて危ない、

サイコパスだったらどーするの!?と心配されてしまうのです。

 

それに心配しながら友人はきっとこう思っているはず。

ネットで恋人を探すなんてよっぽどモテないんだなあ…とか、

他人に言えないような乱れた私生活を送っているのかしら?とか、

心のどこかで、出会い系でセフレ探ししてるの?みたいな疑念を持つのではないかと。

 

心配もかけたくないし、欲求不満で男漁りしてると思われたくない!!!!

どちらにしても深刻です。。。

 

実際に、彼の友達夫婦と食事に行ったときのことです。

旦那様は私たちのなれそめもご存知なのですが、その奥様とは初対面でした。

素敵な彼女ができてよかった!と奥様は私を大歓迎してくれていたのですが、

どこで知り合ったの?」という話になり彼が「ネットで」と答えた瞬間、

奥様の笑顔は凍りつき気まずい沈黙がテーブルの上を流れたのでした。

『ネット!?まさか出会い系で男漁りしてるようなビッチなのでは?』

みたいな光線が目から一瞬出ていました。一瞬だけど確実に出てた。

 

こういった反応がまだまだ大多数なのだと痛感した出来事でした。

なので彼との出会いは『友人の紹介で』と話すことにしています。

自分が好きなんだったら堂々と言えばいいじゃない!とお思いでしょうが、

お恥ずかしながら私自身がネットでの出会いにまだ少し古い偏見を持っています。

だからわかるのですが、必ず偏見の目、好奇の目で見られてしまうと思います。

いちいち説明するのも面倒だし、詮索されるのも嫌、

何より、彼が良い人だから「ネットでの出会い」という色眼鏡で見て欲しくない。

 

ひととおりの紹介が済むまで十字架を背負い続けねばならないのでした。。。

 

 

●相手の素性に知らない部分が多いので、他人に説明できない!

 

なれそめの次は彼自身のデータについてです。

普通に出会ったり友達に紹介してもらったりすると、

最初から相手についてデータを入手できますよね。

出身地、学歴、職歴、生活レベル、趣味、家族構成など。

わからなければ後からパイプ役を通じて調べることもできます。

 

でもネットで知り合うと、相手の正確な情報を手に入れるまで時間がかかります。

婚活サイトでもある程度教えてくれるところもありますがその程度は様々で、

大卒以上とか自営業とか何十代前半とか大雑把にはわかっても、

学校の具体的な名称や生年月日など個人情報は一切教えないところもあります。

 

昔のお見合い結婚も似たようなものですが、

お付き合いをしながら相手のことを少しずつ知っていくのです。

 

私は気にしてなかったのですが友達に聞かれた時に答えられなくて困りました。

恋人できたらしい噂を聞けば普通尋ねますよね、その人何歳?何やってる人?って。

付き合ってるのに恋人の出身校とか勤め先とか知らないってありえないのか。。。

 

原因の一つは上記に書いたようにネットで知り合ったからなのですが、

もう一つの原因が重なったから余計にややこしくなったのかもしれません。

彼は「スペックで人を判断する人は信用できない」

「学歴とか社名とか肩書きとか年収で好きになってほしくない」という考え方のため、

初めは自分についてのスペックを徹底して話題に出しませんでした。

だから余計に情報収集に時間がかかったのです。

 

初めは経歴に自信がないから知られたくないのかなと思っていました。

のちのち彼が日系の外国人ということがわかり、

彼らの文化では身辺的なことは本人から言わない限り聞かないのがマナー、

そもそも初めましての後年齢や勤め先を言いたがるのは変(日本独自の文化)、

目の前のあるがままの本人が全てでしょ、という文化なのだと知りました。

 

でも話し方で知的レベルや幼少期の育成環境(躾的なこと)はわかるし、

付き合っていれば職業や会社くらいはわかるし、

部屋を見れば生活レベルはわかるし、

友人に紹介されればウラも取れるし。

仕事と生活レベルが分かれば年収やそれに必要な経歴や学歴も自ずとわかるしね。

 

私はお付き合いの中で知り得た個人情報の正式な確認はしていませんが、

恋人に望む知的レベルと経済的レベルを彼はクリアしていると判断したので

ちゃんとしたお付き合いを継続しています。

 

私自身は彼の正確なスペックを知らないことに違和感はないのですが、

周囲は大いに気にするようなのです。

どこの会社で働いてるの?大学はどこ?役職は?と。

今は結婚とか考えていないし、大人同士自立したお付き合いなんだから、

そのままのその人が好きならそれでいいじゃんと思うのですが、

一方で、私を本気で心配してくれる人(特に親兄弟)を安心させることができないのは少し心苦しいです。

 

 

以上、

自分が困っているというよりも周囲に対するモヤモヤした何かでした。

ネット婚活で知り合ったと平気で言えれば全解決するのですが。

それができないのがアラフォーなのでありんした。。。

【男女共通】恋愛に消極的なままだとひとりぼっちで死ぬことになるよ

年上の友達が言い放った格言です、恐ろしい〜!!!!

 

確かに消極性は、男女共通の非モテ性質だとつねづね思っていました。

特にアラフォー世代まで非モテで来てしまった人は圧倒的に消極的な人が多いです。

消極的・・・自ら行動しようとしない、受け身であること

 

この場合は恋愛においてという意味ですが、男女別に特徴を並べてみましょう。

 

>消極的な男性の思考と行動

・口数が少なく、何を話していいかわからないと思っている
・相づちあるいは聞かれたら答えるスタンスで、自分から発言することがない
・特に高望みはしてないので自然な形で出会えればいいなあと思っている
・できれば女性の方からきっかけを作ってくれたらいいなあと思っている
・また飲みにいきましょーねと言われたら相手からの具体的な提示を待っている
・女性のノリが悪いとすぐにダメだと諦め、相手からの再連絡を待ち続ける

 

>消極的な女性の思考と行動

・周囲にルックスのいい女性がいると自ら引き立て役をしてしまう
・モテ女性が来ることがわかっている飲み会にはオシャレをして行かない
・モテたいのに男子受けのために努力をすること自体が恥ずかしくてできない
・食事に誘われても、その後キスとかできないかも…と先読みしすぎて断る
・こんなこと言ったら迷惑かなとか、情熱より礼儀やマナーを優先してしまう
・何が正解?などマニュアル頼りで自分の意見やスタイルを持っていない


などなど消極ポイントはまだまだ出てきますが…

男性の消極さんは…

 

圧倒的に話し下手・誘い下手の人が多いです。

そのネイルかわいいね!プレゼント選び付き合ってくれない?映画に行かない?

なんでもいいんです、会話をしないと相手もあなたのことがわかりません。

あなたがきっかけを作って自分の情報を公開しない限り、

女性もあなたをどう位置づけ、どう扱えばいいかわかりません。

好きとか嫌いの判断なんてできるはずがありません。

 

私見ですが、アラフォー男性って後輩や部下や取引先の女性・キャバクラなど、

利害関係が絡んでいる立場で女性からご機嫌を取ってもらえる経験がありますよね、

一般の対等な立場でお付き合いしようとする女性に対しても

客と店員のような反応を想像してるように思います。

女性から話しかけてくれるのを待ったり、

上から物を言ったり、相手のリアクションが悪いと突っ込んだり。。。

消極的な人に限って女性からの接待を期待しているように感じます。

 

口下手なのも待ちの姿勢なのも、拒絶されるのが怖いからだとよく聞きます。

断られても全然終わりじゃありませんよ、

その場は笑顔でじゃあまたねと引いて、また折を見て誘えばいいのです。

むしろ1回の労力で簡単に結果が手に入ると考える方が期待過剰じゃないでしょうか。

自分が好意を示さないのに、相手が好意を示してくれるはずがありませんよね。 

 

女性の消極さんは…

 

引っ込み思案でシャイな人が多いです。

家庭の教育かもしれませんが女性は男性についていくものだと思っています。

もし彼が私のこと好きだったら彼から話しかけたりメールくれたりするはず、

彼から誘ってくれないということはダメだな…と。

 

自分から誘うという選択肢がそもそも頭に浮かびません。

よく言えばすごく真面目なのだと思います。

相手の気持ちを気にしたり、不愉快にさせないよう気を使ったり、

取り越し苦労に近いシミュレーションを頭の中だけで繰り返し、

結局「しない選択」をするのです。

 

また、華やかなモテ女子がそばにいると、

男性と一緒になってモテ女子を持ち上げたりして自分から引き立て役に回りがち。

男性だって自信満々で高嶺の花に挑戦できる人は以外と少ない、

結局、自分のことを好きになってくれる女性がいいのですから、

自らピエロにならずに一輪のお花として堂々と咲いていればいいと思います。

 

男性も女性も、正解を求めて深読みしすぎに思います。

もう子供じゃないし、今更失敗したって誰も気にしません。

振られてもどうってことありません、またすぐ次の人が現れます。

飲みに行ったって即交際を考えなくてもいいし、

ましてや結婚を考えられる人とだけ付き合うなんて思ってたら

怖くて誰とも付き合えません。

肩の力を抜いて気軽に始めてみましょう。

 

自分が行動しなければチャンスは絶対に巡ってきません。

昨年も、今年も、昨日も今日も明日もあさっても来年も3年後も、

ずっと今のまま1人ぼっちですよ。

もう自分を変えることのできない年長者が言うのです、

一時の恥なんて寂しさに比べたらなんでもないよと。

 

年上の友達に言いたい、そう思うなら今からでもナンパしに行け!!!(笑)