東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

恋愛 好きな人≠幸せになれる人?

理論はすっごく簡単に思えるのよね。

 

幸せになるには、

 

自分の期待や要求を叶えてくれる人を好きになること。

 

好きな人と幸せになるには、

 

好きな人に何かしてほしいなどと期待せず相手をそのまま受け入れること。

 

それが、

 

自分の好みや価値観と合わない人や叶えてくれない人を好きになったり、

 

そもそもそういう相手なのに自分の価値観に合わせて欲しいと期待するから上手くいかない。

 

わかっているけど難しいよね。なんと言っても選択時の判断力が鈍るのが恋だから^^

 

理想や要求がはっきりしている人は前者向きかも。恋するのは気持ちいいですが、元々しっかりした自分を持っているのだから、一時の感情に惑わされずにしっかりとゴールを見据えて相手を選んだ方が後々幸せになれるのではないでしょうか。100%好みのタイプではなくても、着実に自分の希望を叶えてくれる・叶えられるスペックの相手とお付き合いをして、理想を実現化することが自分の幸せと言えるのではないかと思います。結婚後に相手を自分好みに矯正することだって可能なのですから。

それほど確固たる自分を持っていない人、好きになった人がタイプ、というような人は後者。あるがままを受け入れられないと予測される相手、いつか無理だと思うようになるかもしれないと予感がする相手はいっそお付き合いせず、誰が何と言おうとワタシこの人が好きなんです、惚れ抜いてるんです、と言える相手に全力投球することが幸せに繋がると思います。その人色に染まる、その状態が気持ちいいのですから。いわゆるダメんずというのは、そもそも最初から相手に備わってないものを後になって要求するから不幸になるだけで、そのままの相手をずっと受け入れる強さを持てばずっと好きでいられると思うのです。

 

世にお相手候補はあふれています。自分にとって何が幸せか、自分自身が理解を深め、それを貪欲に追求する、幸せってそういうシンプルな活動のことをいうのではないかしら!