読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

【潜入】大人の婚活その1 それなりなおっさんたちとグレーなバツ1の実態

お肌ツルツルな20代の後輩がお金を払ってせっせと婚活パーティに行っていると聞き衝撃を受けました。そんなに若い女の子でも自ら努力を惜しまないのですね。。。

 

臆病者の私は、若い頃からそのような場に行った経験が実はあまりありません。

もう怖いものなどお肌の乾燥と夕方の目のかすみ以外なくなったので

一念発起して年齢層の高い婚活パーティに参加してみることにいたしました。

 

調べるといろんな形式があるようです。

飲み会型、遠足型、趣味型、ツーショット型、年齢幅広め狭め、年収職種限定など。

どれも一定時間過ごして好みの相手を数名選ぶ中間発表があり、

最後に相思相愛のカップリングが発表されるというシステムは昔と同じでした。

昔と違うのは、個人データやカップリング集計を紙ではなくタブレットで管理することでしょうか。イマドキですね〜。

 

その日は、全員が揃って顔を会わせることはなく一人一人とじっくりお話しする時間を重視しましょうという設定でした。

男性の年齢層が40〜60代と聞いて年金生活者とかきたらどうしようとちょっとビビっておりましたが、実際は男性が40代と50代が半々、女性は全員アラフォーでした。

 

アラフォー狙いで挑む男性って、30代前半までの女性で失敗してきてハードルを下げたんでしょうね。。。などと邪推しつつ着席。

学歴や職業や年収などは「自称」なのでお話しして見抜くしかありません。

いざご対面!

 

>Aさん

ニコニコしてて愛想良し、プロフを見ながら上手に話を切り出して女性を褒めることも忘れない、童顔で40台後半には見えないバツ1の感じのいいかたでした。

 

だがしかし、ユニクロのダウンにスニーカーはいただけませんわ。。。

せっかく参加費を払って地元から1時間もかけて出てきたのにそんな普段着…ジャケットくらいは着てくるのが最低限のマナーですわよね。

 

スペックは、

専門学校卒、脱サラして地元で事業を始めて年収は700万超え、

だけど別れた2人の子供の養育費を払ってる。

趣味はゴルフと飲み会とドライブ、

実家暮らしで親に全部身の回りのことをやってもらっているとのこと。

 

一応社長で2台の車を所有というけど一台は社用の国産コンパクトカーだし、

実家暮らしだから輸入車だゴルフだと余裕があるだけで、

養育費を払ってるのであれば実際はそんなに豊かな暮らしとは言えませんね。

もしこの人と付き合ったら、

実家に同居して事業の事務かなんか手伝わされて地元の仲間とBBQして…

…そんな暮らしが見えた私はその方にはお気に入りマークをつけられませんでした。

 

>Bさん

親の事業を継いでるだけでの田舎のアホボンなんですよ〜という年収1,200万男性。

未婚で40代後半、薄くなり始めてる頭髪、若い頃から一度も目立ったことはないであろうルックス。

 

それだけの年収がおありでしたら地元でいくらでもご縁談があるのでは?

と質問すると、家業を継ぐのに忙しくて恋愛とかしてる暇がなかったんです、

会社の女性に手を出すと後々面倒ですし、ね、と。

 

なんだかちょっと「俺は本気出せば選べる立場」っぽく聞こえました。

 

でも、地方で年収1,200万もある後継ぎさんなら

いくらハンサムじゃなくてもキャバ嬢にぐらいはモテるでしょうに。

なにもこんな都心のアラフォーだらけの婚活にこなくても、

農協や保育園にお勤めの、地味だけど気立てのいい専業主婦希望のお嬢さんの一人くらいお見合いで見つかりそうなものですが。。。

 

本人か実家の親のプライドが無駄に高いか、

年収自体が嘘かもと身につけていたものでそう感じました。

お金があるならそれとわかる身なりで来るべきです、女性は時計や靴も見ています。

やっぱりお気に入りボタンは押せませんでした。

 

>Cさん

50代半ば、若干ハゲ散らの普通のおっちゃん。

会うなり「でっかいね〜(背が)」とデリカシーのない発言をし、

モテないどころか嫌われるタイプであることを早々にご披露してくださいました。

 

話題は豊富で物事もよく知ってらっしゃるのですが、

こちらの趣味の話をきっかけに自分のウンチクを延々話すタイプ。

しかも会って数分で

どこに住んでるの?何線?どの辺?勤め先は?山手線でいうと内側外側?

などとデリカシーのない発言を悪びれもせず連射。

勤め先が山手線の内側か外側かでなにがどうだというのでしょう?

 

すごく気に入ったんでお気に入り押させてもらいますね!と

手っ取り早く裏取引を持ちかけるあたりも残念です。

もちろんお気持ちだけいただいてスルーしました。

 

>Dさん

中間集計までに3人も選ばなきゃいけないのにまだ1人もいない〜

参加費を無駄にする覚悟をした私に神様は少し微笑んでくださいました。

 

50歳前半だけど40代にしか見えない若々しさ、スラッとした体型に十分な毛量、

職場でも部下から充分男性として意識されそうなルックスのバツ1男性でした。

 

データと話の反応の仕方で優しくリードし、

硬くなりすぎない程度にやわらくしたり引いたり、

ごくごく常識的なコミュニケーションができる年齢相応の紳士的な人でした。

さほど高収入というほどではありませんでしたが、

公務員関係で堅いお仕事の人という雰囲気は言葉の選び方などから察してとれました。

 

とてもじゃないけど二人きりで会いたいと他に思える人がいなかったので、

私は結局そのDさんだけにお気に入りマークを付けました。

 

 

いざ中間発表。

ダブレット集計なので一発で判定が出ます。

 

私が選んだDさんは他の方の評判も良かったらしく競争率が高いことがわかりました。

その日のパーティはカップリングした人としか連絡先交換ができないルールなので、

ライバル多めの人を諦めて自分のことを気に入ってくれている相手を選ぶという戦法も使えるわけです。

 

が、前述の通り他の男性は個人的な付き合いはしたくない。

困っていると、うれしいことにDさんも私をお気に入りの一人に選んでいてくださいました。なので中間時点ですでにカップルが成立していたのです。

ただ発表時にたまたまDさんと同席だったため、

相手を目の前にしてお互いがお互いを選んだことがバレているという気恥ずかしい状態でありました。

 

中間集計の結果をみて、すぐに最終投票をします。

それも複数人選んでもいいのですが、

他の人とカップルになったら連絡先を渡したり帰りに食事をご一緒することになるのでそれだけは避けたく、私は最後もDさんだけに投票しました。

 

Dさんの第一希望が他の女性だったなら私は一人寂しく帰ることになるのですが、運良くDさんとカップルになることができました。

投票時目の前に座っており、お互い気に入ってるわけだしこの人でまあいいか、と思いやすかったのかもしれません。それも運、ご縁ですね。

 

男女10人ずつで第3希望まで書けば成立率はかなり高いはずです。

が、あとでDさんに聞いた話だと女性はわりときれいでしっかりした仕事の人も多かったそうなので、今日の男性陣をみて第3希望まで書けた女性は少なかったのではないかと思われました。

実際、カップルになった男性が先に呼ばれる待合わせ場所にはDさんの他に男性は一人しかいなかったそうです。

20名参加して成立は2組…16人が1人で帰ったことになります。

厳しいですね。。。これが高年齢者の婚活の現実かも。

 

ここでちょっと正直な話をしますと、、、

私がなぜDさんを選んだかというと、他に選べる人がいなかったからなのですが、正確には唯一セックスアピールを感じられる人だったからでした。

もしこの先お話が弾み、数回会ってそういう雰囲気になったとしても生理的にOKだと思える可能性がある人じゃないと…そういうことって大事ですよね。

 

私は当時、その年代であれば年収1000万以下の男性とは本気でお付き合いはしないと決めていました。他の条件は2の次でも経済力は譲れませんでした。なので、Dさんの年収を伺った時に真剣なおつきあいはないと思っており、軽い付き合いなら外見が好みで最低限のマナーをお持ちの男性を選ぼうということにしたのです。

もし年収2,000万越えのような人がいたら、多少おじいちゃんでも変人でもそちらを選んで真剣に対応していたと思います。

 

 

そのあとDさんと軽く食事をして帰りました。

Dさんは面談中はあまり自分のことをお話しになりませんでしたが、

お互いいきなり結婚前提でパーティに臨んでるわけではないので、

気軽に居酒屋で婚活について情報交換しましょうと提案しました。

 

Dさんはごくごく良識的な人で、

私の結婚歴や子供の有無などを最初は聞かない人でした。

だって初対面の女性に失礼でしょ、と。

 

でも、彼は自分のことも話していなかったのです!

 

実は大きなお子さんが2人もいて、

籍は抜いているけどまだ家に前妻と子供が同居しているというのです。

 

????? なにそれ ?????

 

籍は何年も前に抜いており、子供のために同居している、

子供も大きいので両親が新しい恋人を作ることについて理解してくれていると。

前にもパーティで知り合った女性とデートしていた時期もあるし、

そんな感じだから同居してるけど家族のことは気にしないでくださいと。

 

既婚者じゃないけど、前妻と住んでるって…ブラックに近いグレーじゃない?

そんな状態で婚活だなんて…限りなく限りなくアウトじゃない?

 

お子さんのことを考えての現状というご事情は理解できますが、

ケジメのない状態で婚活を進めているDさんの判断には共感できませんでした。

 

その上、前に軽くデートした女性に振られたことを未だに根に持ってるらしく、

仮にも今日出会った女性(私)に別の女性の相談をするのもどうかと思いますし、

そのくせ最後に連絡先だけは聞いてくるという、全体的にケジメのない人でした。

 

とうてい色っぽい気持ちにはなれない(かといって飲み友達になるには話がつまらない)ので、誠に残念ではありましたが捨てアカウントのメアドをお教えいたしました。

 

お食事はご馳走してくださったので、会費のもとはとれたことで良しとしましょう。

次回はハイスペック男性大会です、年寄りでも遊び目的でもサクラでもドーンと来い!