読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

結婚したことを後悔させられる女を見極める

恋している時は全てが素敵に見えるものです。恋愛中は可愛いと思えたことも、結婚後に性的興味が収まって我に帰れば「この女と何十年も一緒に暮らしていくのか…」とウンザリさせられることも出てきます。結婚後に急に相手が本性を出して変わることもありますが、おおよそは恋愛中にその傾向が出ていることを自らが見逃していることが多いのです。お付き合いしている時に結婚後の姿を想定してチェックをしていきましょう!

 

◆グラマーな女性は30代前半でデブになる

巨乳好きな皆様には残念なお知らせです。胸=脂肪です。なのでお胸が豊かということは、そもそも脂肪がつきやすい身体だということです。若いうちは筋力で引き締まっていますが、30過ぎには筋力も落ちたるんでクビレがなくなります。クビレがなくなればグラマーはただのデブです。

 

代謝も下がるため、出産後や食生活や運動の自己管理が行き届いていない女性は、確実にかなりの脂肪がつきます。特に腹部やヒップ…いわゆるおばちゃん体型です。それを隠すためにもっさりした服ばかり着るようになって女性らしさを感じられなくなり、醜く太った裸を見るのもイヤだと思う旦那さんも多いです。

 

若い時にぽっちゃり、胸も大きくお尻も丸く、肩の厚みがあってなで肩の小柄の女性は30代に体型が激変する可能性が高いです。若い頃の彼女の素晴らしい肉体を独り占めできたことに感謝しましょう(笑)お顔もほっぺたぷっくり、お目目も大きな二重で垂れ目など顔にも脂肪が多く付いている福々しく愛らしい系の顔の人は、身体同様年齢とともに引力に逆らえなくなり、たるみやシワが一気にやってきて、愛らしさに変わりはなくても急速に老けた感がすることもあります。

 

 

◆少額の衝動買いやイベントが好きな女は浪費家

ボーナスが出た時や仕事を頑張ったときなどに自分へのご褒美として何十万円もするバッグを買うほうが浪費家のイメージがありますが、実は毎日の生活の中で数百円〜数千円の衝動買いをちょくちょくしてしまう女性のほうがお金が貯まりません。経済観念に計画性が欠如しているということです。

 

毎日当たり前のようにコンビニでお茶や新商品のお菓子を買い、デートのときに特に必要でないのに買いやすい価格帯の小物などを「あ、これかわいいかも〜」と買ってしまいます。イベントなど「今これ流行ってるから、みんながやってるから」という理由で散財します。

 

お金を使うことの必要性やその根拠を明確に持たない女性には家計をまかせないほうがよいでしょう。無計画に使っている人は気軽にカードのリボ払いやキャッシングを利用して知らずにローンが膨らんでいることもあるので結婚前に完済しているかどうかしっかりチェックしてください。

 

 

◆付き合っているときに浮気したりセックスに積極的な女は不倫に走りやすい

当たり前ですが女性にも性欲が強い人がいます。わりとすぐに寝てくれた、結構彼女のほうからベッドに誘ってくる、いろんな要求にもわりと乗り気で応じてくれるなど、あなただから、あなた1人だけにそうしてくれているのであればいいのですが、ただ性欲が強いからそうしている女性もいるということです。

 

男性は数年で相手への性的興味を失い年々身体能力も下降気味になってきますが、女性は年を重ねるごとに体が成熟してくるのである意味一生現役です。若い頃性的活動が活発だったのに結婚後男性側が応じてくれなくなると、女性でも性欲を満たすために外に相手を求めるようになります。女性だから、結婚しているから、母親だからと女性を縛る呪文は多いですが、欲求が強いの人は男性が風俗に行くがごとく単なる生理欲求の処理として浮気や不倫をします。

 

女性に性欲があることを認めない、そもそもないと思っている、男性が開発するものだと勘違いしている男性が多いですがそれは間違いです。性欲が強い女性はいます。ゆめゆめ自分だけに大胆になってくれたなどと思わないように。元彼や自分と付き合っているときに浮気したことのある女性は結婚してからも母親になってからもする可能性が高いです。男性の皆さん、自分だってそうでしょう?

 

 

◆日に何度も定期報告を義務付ける女はいずれ全てを監視したがる

放って置かれると寂しいとかやきもちやきとか、おはようからおやすみまで1日に何度も用件のないただの定期報告のやりとりをしたがる女性は、結婚後でも安心するどころかさらに加速します。

 

会社の飲み会や出張先まで、あなたのあらゆる動きを監視せずにはいられなくなります。宴席での気を使う商談中に「電源を切っているか電波が届かない場所にいるってどういうこと!?」と問い詰めるLINEや留守電を何件も残したりします。結婚後もあなたが個人的な交友関係や趣味の時間を持つことを制限するようになります。携帯を勝手に見たり、無断で位置情報がわかるアプリを入れたり、友達や社内の同僚にあなたの行動や予定を監視するよう頼んだりします。

 

相手に密着してないと安心できない幼稚な情緒不安タイプと、しっかり者の長女など支配欲が強い女性が加速しやすいです。ヤキモチ焼きでかわいいとか、なんでも仕切りってくれるのでラクだと思っていると、後で身動きとれなくなりますよ!

 

 

◇番外編;共稼ぎ…アラサーは育児家事完全分担、アラフォーは自分の小遣い稼ぎ

 結婚して共稼ぎをする前提の方が多いと思いますが、彼女がどの程度家庭との両立をするつもりなのかは事前確認しておいたほうが良いでしょう。

 

傾向としてアラサー世代の若い女子は、共稼ぎなら男性が育児や家事を完全に分担してやってもらうことは当たり前だと思っています。互いの収入の%に見合った割合できっちりやらせます。料理ができないなら掃除、平日できないなら休日、できないときにはリカバリーしろ、言われなくても自動的にやれ、という姿勢の人が多いです。当たり前だという意識なので感謝するどころか取り決め通りできてないと怒りますし、女だろ母親だろと時代錯誤なことを言って甘えていると即離婚されます。その代わり家計を背負っているという意識が高い方も多いので経済的には余裕が生まれやすいでしょう。

 

 アラフォーは親世代が専業主婦が多かった時代の人なのでその影響を受けています。よっぽどのエリート管理職でもない限り、家計を担うというよりもパート程度にして家庭に比重を置きたいと考えています。自分の化粧品代や友達とのランチ代くらいは自分で稼ぎます、でも給料を家計にはいれません、全部自分のお小遣いであり旦那さんにあてにされたくないと思っています。その代わり、家のことはある程度自分に任せてもらって大丈夫、旦那さんの家事参加にも基本的に感謝の気持ちを示してくれるでしょう。

 

ご自身の年収や考え方と合ったキャリアプランの女性かどうか、世代に関係なくチェック必須です!

 

 

以上です。

夫がどんなに稼いでいても、どんなに年齢が上でも、結婚後は奥さんに頭が上がりません。子供を産んだ女性はその時点で母親という違う生き物に進化してしまい、男性も元来マザコンの素質があるため夫婦の力関係は一気に奥さん優位になってしまうのです。大きな不満を抱えていたとしてもそれを奥さんに言える男性は多くありません。お付き合いしているうちに傾向をしっかりつかんで、気持ち良く尻に敷かれる結婚生活を送りましょう!