読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

結婚後に苦労する彼氏の特徴

付き合っている時は個々の問題だからよくても、

結婚生活という運命共同体となるならそのままでは困るなということがあります。

お相手のちょっと気になる特徴やクセは、

年とともに加速していくと考えたほうがいいかもしれません。

以下のタイプに彼が当てはまってないか、チェックしてみてください。

 

◆なんでもきみの好きにしていよという彼はあなたに丸投げする依存タイプ

いいよ、きみの好きなようにやりなよ。きみの行きたいところに行こうよ、なんでも好きにしていよ。恋愛中においては魔法の言葉ですよね。

でもこれって結局、全部あなたに丸投げってことなんです。

デートどこ行きたい?何したい?って、全てにおいてあなたの指示待ち体質ができあがっています。なんでも話し合える友達夫婦といえば聞こえがいいですが、どうする?どうする?といちいち嫁に確認・先導してほしがる悪い甘えの前兆の可能性があります。

もしあなたが自分の考えを持ち、旦那様を思いのままに操縦したいしっかりしたタイプの女性なら相性がいいかもしれません。そうでないなら、優しさの中にも肝心な時には僕がなんとかするから信じてくれ!って言える、そして具体的に計画を立てて実行でき責任を取れる彼氏かどうかを、おつきあい中に冷静に見極めてくださいね。

 

◆趣味にお金をかけすぎている彼は結婚後も金遣いが荒い

独身男性の中には、車だバイクだゴルフだと自分の趣味に存分にお金をかけている人も多いです。しかし結婚したからといって自分の最大の楽しみを急に辞められるわけではありません。特に車やバイクなど維持費がかかる系の趣味の人は、メンテだカスタマイズだと数十万単位でお金を使います。

子供ができたから数百万のスポーツカーを売ってファミリー向けの安いコンパクトカーにしてほしいと頼んでも、車だけは俺の魂だから売るくらいなら別れる!と言い出しかねません(実話です)。お互いの世界を持つことは大事ですが、男性側が経済的に独身感覚から成長できずに離婚した例をいくつか聞いたことがあります。

自分のことよりも嫁や子供の幸せを維持する覚悟がある男性なのか、結婚後の生活費の割り振りや趣味のお金は家計からではなく個人で出させるなどしっかり取り決めをしましょう!

 

◆普段から居場所や予定を言わない彼は浮気する

男性は女性のように用件のない単なる現状報告のようなメール(いまカフェでまったり中♪など)は元来好みません。でも女性に合わせて毎日連絡をくれる男性が多いでしょう。先輩と新宿飲んでていま電車乗ったとこ〜とか、出張だから土曜夕方から火曜の夜まで会えないわゴメンな〜など、用件以外のたわいもないやりとりの際、ネタとして一番楽なものが現状報告なのです。

なのに日頃から自分の居場所や予定について自分から話題にしない・聞かれても曖昧に答える彼氏は、秘密の時間を持ちたいという気持ちを強く持っていると考えられます。大人ですからすべての行動を知らせる必要はないにしても、それが常態化しているのなら、彼は発生前の嘘を隠すための準備を常日頃からしているといえるでしょう。

行動のパターンを知られていると嘘をついたときにつじつまが合わなくなるので、最初から教えない、あるいはいろいろ現場で変更があるなどと、結婚後も普段からできるだけ曖昧にしようとします。浮気しないタイプの夫は嫁がウザいと思うくらい帰るコールなどをきっちりしてきます。付き合ってる彼が行動をはぐらかすなら、結婚は考え直していいかもしれません。 

  

◆彼女の女友達や実家を嫌がる彼はあなたの世界をないがしろにする

男性は心を許した彼女には子供のように素直になりますが、それ以外の人には虚勢を張ったり格好をつけているものです。だから彼女の女友達や実家にもある種の構えを持って接します。嫌いではないのですが、いい顔して振る舞うのが面倒だと思っています。

君だけ行って来なよ、俺は留守番しておくから、などと優しいことを行って面倒から逃れるくらいなら返って気が楽なのですが、支配的なタイプは、結婚後に嫁が家庭以外の自分自身の世界を持つことを禁止する男性もいます。あんなやつらとつきあうな(子供を会わせるな)、俺の実家を優先しろ、など。

あなたを本当に愛しているなら、あなたの大切な友人や家族を尊重するはずです。あなたの世界をないがしろにするような彼は、あなたを自分の付属物としてみており、一個人として認めてはいません。実家や友達の悪口は自分自身を悪く言われるよりも腹立たしく、一気に離婚に発展してしまう恐れがあります。理解を求め話し合い折り合える相手かは非常に重要です。

 

◆親や兄姉に頭が上がらない彼は結婚後も実家から自立できない

お互いの家族を大事にすることは大前提です。でもその前に、結婚とは独立した自分たちが中心となる家庭を新たに築くということです。あなたと彼、そこが一番大事な基盤でなければなりません。

なのに、結婚後も親父がこういうからとか、兄に挨拶にいかないと収まらないとか、やたら口出ししてくる姉の言いなりとか、いつまでも「実家の子供」としての自分を基軸にしている彼は精神的に自立ができていません。

僕ら夫婦はこうだという自分たちの考えをしっかり持ち、仮に実家と考えが違ったとしてもきちんと話し合って説得できるだけの気概があるかどうかをちゃんと確認する必要があります。まだまだ結婚は家対家のもの、こじれると何十年も嫌な思いをするので彼が実家から精神的に独立し、大人として対応できているかどうかは必須項目です。

  

◆プライドが高い彼は問題が大きくなるまで嫁に打ち明けられない

しっかりしててあなたを引っ張っていってくれる頼もしい彼氏。頭が良くて年上で世慣れていて、僕に任せて万事うまくいってるから大丈夫だよ、そんな頼れる彼氏って本当に素敵ですよね。

でも人生山あり谷ありなのは当たり前、仕事のストレス、病気、子供の問題、親の問題など大変な時に共に乗り越えられる相手かどうかが大事です。付き合っているときに素敵な自分だけを彼女に見せている・いつも精一杯背伸びをしている=自分の弱さをパートナーに見せられない男性は、結婚後も会社やその他問題を抱えたとき、かなり深刻な状態になっていても奥さんに打ち明けられないという人が多いです。

心配かけたくないという気持ちからなのですが、結局夫の問題というのは家族に無関係・無影響ではないのです。家族にとって大事な問題を黙ってやりすごそうというのは自分勝手な優しさです。取り返しのつかない大きな問題に発展し、進退極まって相談なく会社をやめたり、精神を病んだり自殺をする人もいます。

お付き合いの段階から、強さも弱さも見せ合えて補い合える関係を形成しましょう。

 

 結婚してから大きくなる問題の多くは、

付き合っている時から実はうすうすわかっていたことだったりします。

それを許しちゃうのが恋なのですが、

問題は早いうちに解決しておくに越したことはありません。

結婚したら変わってくれるなどというなんの根拠もない希望でごまかさずに、

冷静に分析して自分自身で吟味しましょう!