東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

アラフォーになると「外国人とか合うんじゃない?」と言われはじめる件

アラフォーになりますと、

周囲の人から「◯◯ちゃんって外国人とか合うんじゃない?」と言われませんか?

 

もうトシだから同世代は無理ってこと?

 

ジアンビューティという名の実質ブスってこと?

 

などなどとかく自虐的に受け取りがちですが、実際はどうなんでしょう?

そう言われやすい人のタイプのアラフォー女性について考えてみました。

 

外国人向け(主に欧米系)と言われやすいアラフォー女性の特徴とは…

・男性に媚びない、男性ウケを狙ってない

・色気がある

・自分の考えをしっかり持っている、堂々と落ち着いている

・年をとることをさほどネガティブにとらえていない

といった特徴が見受けられます。

 

上記のようなアラフォー女性は強そうに見え、

日本人男性がいかにも好みそうな従順で幼くてカワイイ感じ、

とはかけはなれた雰囲気ですよね。

 

幅広く一般男性ウケするタイプではないとは思うのですが、

だからと言って魅力がないモテないということではないのです。

 

例えば知人のQ姫(仮称)は、

上記特徴を備えた欧米向けと言われてしまうアラフォーの独女ですが、

ものすごい美人CAでコンパはいつも1番人気、お見合いの話も数知れず、

ずっとモテまくる人生を送っています。

 

言い寄る男性は後を絶たないのですが、

日本人男性が大好物の「性格が従順で幼くてカワイイ感じ」ではないため、

・・・はっきり言うとサバサバ系の豪快なオッサンみたいなので、

なんかイメージと違った…という理由で男性が引いていくのだそうです。

 Q姫自身も、男性に好かれるために媚びたり

かわい子ぶって幼稚に振る舞うのが大っ嫌いだと宣言しています。

本当の自分を捨て他の誰かを演じるくらいなら一生独身で結構よ!と言います。

 

手を伸ばせば簡単にハイスペック男性との結婚が手に入る女性なのに、

なんと見上げた心意気でしょう。

ひ弱な妄想男子ばかりのコンパを早々に切り上げ、

二丁目のおかまバーで1人で呑み直す、

こんな荒馬、ポニーを欲しがる日本男子に扱いきれるワケがありません!

 

このような女性は日本の大衆市場向きではないかもしれない、

しかし逸材であることは誰もが認めているので、

日本男性向けかどうかという狭い価値観に自分を縮めることなく、

素材が素晴らしいのだから市場を変えれば高く売れるはず、

近所で安売りなんてもったいない、

市場の方をグローバルへ拡大したらいいのに、と周囲の人は思うのです。

 

「外国人とか合うんじゃない?」とはそういう意味なのではないでしょうか?

 

・・・・

 

以下は余談です、

六本木や恵比寿にいるリアル外人好きのアラフォー女性の特徴も考えてみました。

 

・欧米での生活経験があり恋愛対象に国境・人種の垣根がそもそもない人

・とにかく白人の顔が好きな人

・とにかくブラックの音楽と体臭が好きな人

・外国人と付き合っている外国人を連れている自分が好きな人

・ハーフの子供が欲しい、外国で住みたい人

・アイメイクきつめのサイド分けワンレングス、露出の高いミニワンピな人

・Tシャツにダメージジーンズで素足、ネイルは派手なのにすっぴん黒髪な人

・外国人といるときのほうが本当の自分を出せると思っている人

 

こんな感じでしょうか。

東京は帰国子女や外資系企業勤務の女性も多いので、

恋愛相手をわざわざ日本人に限定する必要がない人が多いのは確かです。

でも、多くは外国かぶれ的な、日本より欧米のカルチャーが好きだから

付き合う人も欧米人がいいみたいな人もたくさんいますね。

 

帰国子女・外資系女子と、

「外国人とか合うんじゃない?」と言われてしまうアラフォー女性とは

最上位に書いたような特徴を持ち合わせている、共通点が多いような気もします。

 

特にオチはありませんが、

日本の男って弱くて幼稚でばかばかしいなあと思うなら、

一度外国人と付き合ってみたら良いと思います。

 

フランス人の美意識って素敵だなあとか、

イタリア人の感情表現って情熱的で刺激的だなあとか、

アメリカ人の明るくて合理主義なところって楽だなあとか発見があるかも。

 

もちろん異文化交流には、なにそれ?!とドン引きすることも必ずありますが、

日本人男性でいいのがいないと行き詰っていて、

外国人が合うんじゃないと言われ始めたアラフォーの皆さん、

グローバル市場で売れる素質があるということです、

さあモノは試し、ダメでもともと、市場開拓レッツゴ〜ですわよ!