読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

【男性向け】関係別アラフォー女性へのクリスマスプレゼント

さあ今年もやってまいりました、

男性の皆さんの頭と財布を悩ませるこの季節が。

 

気になる女友達や同僚、彼女や奥様へのプレゼント選び、いったい何が正解なの?!

正直センスとかないし店員の口車に乗って無用な高額品を買わされるのも嫌だし。

 

そこで、女性の立場から見た「こんなの欲しいよねー」というご提案です。

相手の女性との関係性やのその女性のタイプなどに応じて考えてみました。

もちろん女性とはアラフォー限定です。

 

まずはじめに。

 

◆ただの友達や同僚、でも気になる女性に贈るちょっとしたプレゼント

キーポイントは「さりげなさ、気軽さ」です。

まだお付き合いしていないただの友達です、もしかすると彼女はまだあなたのことを異性として考えたことがないかもしれません。なので手土産程度の気軽なものが良いでしょう。あなたも彼女の趣味や好みもわからないし、万が一好みじゃなかった場合も気軽なものの方が彼女も罪悪感を持たずに他人に差し上げたりできます。

二人きりになることが無理なら、みんなで集まった時にこっそり彼女だけに「これクリスマスプレゼント。全員の分はないから内緒だよ。」と言って彼女の手にポンと押し付けてしまいましょう。みんなにバレずにすぐにバッグにしまえるように手のひらサイズのものが良いでしょう。大げさな箱や手提げ袋はかえって邪魔になるので購入したお店でもできるだけコンパクトに(でも包装やリボンシールはクリスマスっぽいカラーのもので)ギフトラッピング指示しましょう。

・クリスマス雑貨

スノードーム、オーナメント1個、飾れる立体的なクリスマスカードなど。予算1,000円くらい。ソニプラや東急ハンズやファッションビルに入ってるインテリア雑貨店に多く置いてます。自分では買わなくてもなんだか嬉しい気分になるのがクリスマスグッズ。1ヶ月程度の季節ものなので部屋に飾ったとしても重くありません。

・高級チョコレート数粒

スイーツが嫌いな女性はいません。アラフォーですから量より質、少しで高級感が伝わり、ラッピングもとっても素敵な外国のショコラティエのものが良いでしょう。どこのデパ地下でも何ブランドか揃っています。だいたいどの店も2、3粒〜5粒くらいの小さいセットがあります。予算は1,500〜3,000円くらい。

・スタバカード

みんな大好きスターバックスカフェのプリペイドカードです。可愛い柄がたくさんあって季節や店舗限定デザインもあるので何枚もらっても困りはしません。デカフェメニューもあるのでカフェインがダメな女性でも使えます。今ならクリスマス限定デザインもありますし、オンラインストアならカードとマグのギフトセットもあるようです。カード自体は無料、カードを選んでレジで1,000円以上チャージをするだけです。ギフト用ラッピングもしてくれます。予算1,000円〜。

 

(´・Д・)」NGアイテム

・アクセサリー、香水、口紅、入浴剤など肌を連想させるもの

彼氏でもない男性なので身につけるものは気持ち悪いです。

・高級ブランドや高額品

高いものをもらうと何か見返り(愛とか肉体関係とか)を期待されている気がして気が重いです。

・普通に美味しい食べ物とか便利な日用品

実用的すぎるものはお歳暮みたいでロマンティックさに欠けます。

 

◆友達以上恋人未満?ある程度仲が良い女友達とさらに親密になるための贈り物

キーポイントは「ロマンティック」です。

僕たちそろそろ男女の関係に進まない?という気持ちをプレゼントで意思表示しましょう。あなたが彼女を女性として意識していることを伝えるには、女性らしいプレゼントを贈るのが一番わかりやすいです。ある程度一緒に過ごしていれば彼女もあなたとの関係について、薄々男女を意識しているはずです。異性としてみていることを相手に意識させるもの、友達付き合いの中で彼女の好みをあなたがちゃんと理解していることがアピールできるもの、ズバリ恋人同士を連想させるもの、などが良いでしょう。

もし彼女もあなたを男性として意識していて告白を待っているのであれば、ロマンティックなプレゼントをとても喜ぶでしょう。友達として好きだけどキスとかは無理〜なのであれば「私がこんな素敵なもの頂いていいのかな?なんか彼女向けっぽくない?」などとやんわり動揺を見せるでしょう。でもある程度の二人の付き合いがあるのですから照れはあっても悪い気はしないでしょう。

・身につけるもの

リング以外のピアスやネックレスなどのアクセサリー。これに尽きます、ハズレなし。女性は男性として意識している人や夫からは、ダントツでこれらを欲しいと思っています。何を選んでいいかわからないならデパートで女性店員さんに相談しましょう。予算、年齢、彼女の雰囲気を伝えればとってもセンスの良いベストなチョイスをしてくださいます。頑張りたいところですがまだ彼女ではないのでさほど高額でなくて良いと思います。とはいえ学生ではないのでアクセサリーでも25,000円程度〜の予算は見ておきましょう。材質はシルバーは不可、14〜18金のものをお勧めします。

・彼女の好きなもの(商品特定かその分野について自分も知識がある場合)

彼女が前から良いなぁと欲しがっていた具体的な商品が予算内であればそれに越したことはありません。前に欲しがってたアレもう買った?もしよかったらクリスマスだしプレゼントしようと思っだんだけどどうかな?と聞いてみましょう。値段もわかっているしそのまま一緒にお買い物デートに突入です!また彼女が音楽好きなら高機能のヘッドフォンなど、趣味だけど自分で買うには贅沢かなあと思っている物。君の好きなもの僕は知ってるよ!ということが伝わりますね。誰でも好きなものにはお金を払うものなので、安いものだと「この程度ならいつでも自分で買える」と思われてしまいます。30,000円〜の予算で臨みましょう。

・恋人同士が行くようなイベント

ナイトクルーズとかラブソング系の歌手のライブとかディナーでもちょっと改まっていくような夜景の綺麗なレストランなど。夜っぽさ、二人の男女感のムードを演出が大事です。ちょっとオシャレして来てね、ワンピース姿とか見てみたいな、と彼女の女性らしさを意識していることを伝えましょう。着飾ってお出かけすることにときめかない女性はいません。イベントはあなたと2人分の予算なのでやはり30,000円〜は必要。

 

(´・Д・)」NGアイテム 

・指輪、下着、泊まりのイベント

まだ彼女ではないので性的なイメージはすごくストレスです。指輪は恋人の証なのでまだこの程度の関係では早いです。もう少し先に取っておきましょう。

・彼女の得意な分野や専門分野だが自分は不得意分野なアイテム

得意分野は相手の方が知識が豊富ですしこだわりも強い場合が多いです。例えば彼女がワイン好きであなたがあまり知識がなく適当に値段だけで選んで贈った場合、ありがとう〜の裏に(ああ、このワインね。そこそこの値段だけどその辺のスーパーでも売ってるやつだし、好きな品種じゃないのよね〜これだったら同じ値段で好きなのを買ってくれた方が嬉しかったのに)と逆に不満に思われてしまうかもしれません。これは女子同士でも気をつけていることで、コーヒー好きにコーヒーは贈るなとかよく言われます。相手の方が詳しいもので満足してもらうのは非常に難易度が高いです。

 

◆付き合って初めてのクリスマス、付き合ってまだ年数が浅いクリスマス (本命)

 キーポイントは「特別感」です。

プロポーズの次に男性が頑張らねばならないのは「初めての◯◯」の時。初回だけでも全力を出してください。付き合いが続いたとしても、のちのちずっと文句を言われます。なので予算も思い切って、ゴージャスに、ロマンティックに、100%女性好み彼女好みにしてください。

付き合って数年の場合もがんばってください。だって年々面倒になって手抜きするのが男性なんですから。普段慣れてグズグズになってしまってきても、初心を思い出してクリスマスくらい普段と違う特別感を演出するように心がけてください。

よくわからなければデパートやブランド店の女性店員さんにお任せしましょう、トレンドや人気商品や女性が喜ぶアイデア(イニシャル入れなど)を熟知しておられます。

・指輪 → 月並みですが、もう絶対にこれは外してはいけません。そしてケチらないでください。恋人からもらう指輪はそれはそれは特別なものです。仕事やアレルギーなどの理由で指輪をつけられないなら彼女に確認した上でジュエリーのネックレスやピアス、腕時計でもいいと思います。僕と思って肌身離さずつけててねという男性の独占欲も、センスの良い上質なアイテムなら女性もセクシーな気持ちになるものです。

ご予算は20万円前後〜。相手は大人の女性です、学生のバイト代で買えるようなものはデザイン的にも若かったりチープだったりカジュアルだったりして合いませんし、はっきり言ってその程度のものならアラフォー女性は普通に自分で買えます。大人の男性が本命の女性に愛と感謝を伝えるのですから、年収の何%かは捧げる覚悟を持ってください。女性もかなり期待しているはずですが、その期待を超えるジュエリーを贈られればあなたが本当に自分を大切にしてくれる男性だと確信するでしょう。毎日目に触れるもののであなたへの感謝は高まるし、長く使えるアイテムなので高い買い物でも費用対効果は高いです。

・彼女の欲しがっているブランド物

バッグなら25万円〜くらいは予算を組んでおきたいものですが、限定のお財布とか集めているお気に入りの新作シューズ・レアな携帯ケースなど、小物の場合は10万もしない物もあります。その場合は、やはり彼女の好みとブランド情報を日頃から収集しておくことが大切でしょう。私の好きなものわかってくれてる→しかも限定アイテムをチェックしてわざわざ入手してくれた!という特別感が彼女を喜ばせるのです。ご予算的に余裕がありそうなら、お揃いのデザインで複数アイテムの合わせ技などはポイントが高いです。

・ランジェリー付き泊まりのイベント

恋人関係ならではのプレゼントですね。ベタですがホテルでディナー&バラの花びらを浮かべた バスタブにイチゴとシャンパン。露天風呂付きのこぢんまりした温泉でしっぽり。そしてあなたの好みのセクシーなランジェリー。

醍醐味は、一緒に楽しめることです!一通りデートで済んでいることかもしれませんが、いつもより上質で、そしていつもよりエロ全開で挑みましょう。女性の下着は恥ずかしくて買いに行けないという方はネット通販で買えます。間違っても風俗嬢みたいな安物は選ばないように。外国製が上質でセクシーですがレースの上等なものはブラだけで数万円します。ビクトリアズシークレットなどはアラフォーにも人気で手頃な値段なのでオススメです。1泊2日のお泊りで食事や移動コミコミで15万円+下着2万円くらいでしょうか。

 

(´・Д・)」NGアイテム 

・ノーブランドの高いジュエリー、自分がデザインしたジュエリー

男性が本気でジュエリーを贈るとき、ノーブランドで石の大きな「ザ・宝石」や自分でデザインしたものをなぜか選びたがる傾向があります。本気度は賞賛に値しますがやめておいた方が無難です。理由は99.9%ダサいからです。その予算があれば欲しかったブルガリのアレが買えたのに…と女子会で嘆く女性は実際多いです。女性に比べて男性は貴金属に対する知識が全くありません、ですが思い入れは強いアイテムなので自分が良いと思うものをサプライズで渡したいと思います。しかしもらう側の気持ちを考えてみてください、趣味にも服にも合わないものを身につける苦痛、しかも高額だしもらった手前毎日つけないと申し訳ないというプレッシャー。この前あげたアレなんでつけてないの?と恋人に笑顔で言われて、あんなダサいのつけたくなーい!と言える女性はいません。お願いですから雑誌に載っているブランド店に行って店員さんの勧める中から選んであげてください。

・実用品

いくら高いものでも上等でも彼女が買おうかなあとつぶやいていたとしても、鍋とか美容クリームとか実用的すぎるものはやめておきましょう。それは付き合いが長いカップルとか夫婦とか、もうロマンスは求めていない間柄になってからのアイテムです。もらって嫌ではないしむしろ嬉しいとは思いますが、所帯くささが否めません。付き合って間もない時期は一瞬ですので、その間だけでもロマンティックな演出を優先しましょう。

 

◆おまけ:付き合いの長い恋人、夫婦

ポイントはズバリ「一緒に行く」です。

大事なことは予算ではなく一緒に買いに行くこと。ついつい、好きなものを買って来なよと家族カードやお金を渡して本人に一人で買わせるようになってしまうのですが、倦怠期に突入しているカップルは一緒に過ごすことが最も重要になります。選びながらパートナーの趣味に興味を持つ、ディナーに行ってゆっくり話を聞くなど、金額よりもコミュニケーションを意識してください。

・相手の欲しいもの

付き合いが長くなるとサプライズもネタが尽きてしまいますし、女性も遠慮なく自分の希望を伝えることができるようになるので、それはもう相手が欲しいというものを贈るのが一番です。下手にサプライズをして外すと、感謝どころかなんで未だに私の好みを覚えてくれないの?!とケンカの原因になってしまいます。

 ・美容系商品

美顔器、エステやネイルの回数券、高級美容クリームなど。実用品の中では最もハズレなしで確実に女性は喜んでくれるアイテムです。いつもキレイでいてね、という言葉とともに贈りましょう。

・付き合い始めの思い出に関連した場所に行く

出会った場所、告白した場所、初めて◯◯した場所、、、。プレゼントに色気はなくても、初々しい思い出が蘇る場所へ連れて行きましょう。なんでわざわざここなの?と忘れているかもしれません。初めてデートしたレストランだから、と男性の方が覚えていてくれれば、多分男性が想像する3倍くらい女性は感動するものです。

(´・Д・)」NGアイテム

・ダイエット器具

買ってあげても絶対無駄になりますし部屋で邪魔になるだけです。

・現金

勝手に好きなもの買うからお金だけちょうだい、みたいなことになる場合もあります。こなれた関係の表れとも言えますが、コミュニケーションが少なくなって行くことはお互いに相手への興味がなくなって行く衰退の一歩としておすすめしません。