東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

アラフォー独女とお金について考えた

貯金してますか?

この歳になるとイヤでも老後のことが気になりますよね。

計画的にある程度の貯蓄を考えておられる方がほとんどだと思います。

でもその貯金って、一人独身で生きるため想定?それとも結婚前提?

 

結婚したい女性の多くは「結婚=生活の安定」をイメージしますよね、

このご時世ですから結婚したら働かないで済むとは思っていなくても、

主に旦那様が経済的に支えてくれるという理想ではないでしょうか。

とすると、アラフォー独女の貯金の実態って、

結婚しない想定なのか結婚できると見越した貯蓄額なのかどうなんでしょう?

 

アラフォー独女の知人の資産状況と婚活状況を例に挙げると、、、

 

Aさん…結婚願望はあるが相談所はすでに卒業。

親に多少援助してもらってマンションを購入&ローン完済、

家賃収入とフリーランスの仕事で生計を立てている。

 

Bさん…結婚願望強めだがハイスペック狙いが災いし彼氏はおらず。

ずっと実家住まい&正社員のため生活経費はほぼかからず。

しかし外食や旅行やお稽古事で貯蓄もさほどあるとは言えず。

 

Cさん…バツイチ後、自由恋愛を謳歌中。

実家は資産家なのに一人暮らしをし、仕事や貯金&投資にもかなり熱心。

生活は質素だが美容皮膚科系の経費はかなりかけている。

 

Dさん…結婚願望が年々薄れているのを自認。彼氏はいたりいなかったり。

一人暮らし歴が長く経済観念がしっかりしている。

高収入ではないがシッカリした収支の管理と地道な貯蓄を継続。

 

・・・とまあこんな感じですが、

将来結婚したいかどうかと言うよりも、

実家の親の援助が本人の将来設計に影響してるように感じました。

我らアラフォー世代の親は経済的にゆとりのある勝ち組世代なので、

親のすねをかじっていられる独女は余裕があります。

 

AさんやBさんのように親から経済的恩恵を受けている人は、

将来独身のままでも特に今経済的に不安に感じてない人は、

したいことをして幸せな人生を送ってると言えるのかも。

CさんやDさんは実家からも独立し経済観念がしっかりしています。

Cさんは仕事熱心で恋愛もビジネスに利用するほどお金に対する執着が強く、

Dさんはただただ堅実で地味な暮らしぶりです、二人とも老後の心配はいらないかも。

 

これがまた男性関係の話になるとまたちょっと事情が違う。

 

AさんBさんは結婚願望は強いのですが正直パッとしません。

Aさんはモテない結婚できない干物女タイプ、

Bさんは社交的だし出会いにも積極的ですが

とにかく身の程知らずのハイスペック狙いで20代でも無理だったのにまだ気づかず。

二人とも今後も実家をベースに人生設計をしたほうが幸せに暮らせるように思えます。

 

CさんやDさんとも長女気質で結婚願望より実家の世話をしなければという意識が高い。

他にも男性に甘えたり何とかしてと頼るタイプではないとか、

なぜかお金にだらしない男性に充てにされ苦労しがちという共通点が。

 

知人たちの暮らしぶりと恋愛模様を比べていると、

親に甘えて今を楽しんでいればリスクを秘めた結婚になど飛び込めなくなってしまい、

逆にしっかりと自立していれば甲斐性なし男のターゲットにされてしまう。

 

私たちアラフォー独女は老後のお金の心配ばかりではなく、

どの程度の暮らしならやっていけそうか実家の経済状況も視野に入れつつ、

やみくもに不安にならず場合により今を心豊かに過ごすことも必要だと思いました。

そして大事な貯金は絶対に男性に教えない、貸さない、充てにさせないように。

結婚前も後も、しっかりと自分で管理することが何より重要ですね!