東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

【実話付き】アラフォーにもなってやってはいけないこと、それは不倫。

うっかり不倫にハマってしまって時間を無駄にした経験...ありませんか?

酸いも甘いもまだまだ修行中のアラサー時代ならまだしも、もしアラフォーになった今でも同じようなことで悩んでいるなら、それは過去から学んでいないということですよね。

もう大人だし、自分のことは自分で責任は取れるって思ってる。わかりますよ、でもね。不倫はアラフォーではもうやっちゃいけないと思うんです。

 

若いころは誰しも経験があることですが、年上の既婚者が頼もしく思えてしまったりするんですよね。損得考えずに若い体と純粋な心をぶつけ、そして辛い独りの夜や休日を過ごし、こんなことやめようって卒業する。

あるいは、一通り恋愛経験をこなして大人になり、未既婚問わずいいなと思った人と楽しむ、それ以上でもそれ以下でもない割り切った関係、恋愛のつなぎの美容液代わりの恋。既婚者の方が後腐れなくて別れる時ラクだし、なんて。

 

あるあるぅと思ったところで、本題は「アラフォーから不倫を始めちゃいけないよ」ということです。

 

我らアラフォーってストレスフルじゃないですか。仕事でも要求されることが高くなってきて、褒められるどころか出来て当たり前で、しっかりしなきゃと気を張る。

実家のケアや親戚づきあいも娘ゆえに出動要請が頻繁に来て、しかもどんどんシビアな話になってくる。

疲れた、もうダメ、誰か私を守って!と泣きたくなる時がある。女ですものね。

 

そんな時、どうしたの、なんかあった?話聞こっか?と気負わずに頼らせてくれる既婚者が現れたら、ちょっとだけ胸を借りようと思っちゃいますよね。

 

 

そんなこんなで始まってしまった「アラフォーの不倫」が若い時よりがマズいのは、2パターンの理由があります。

 

その1)相手を自分のものにしたいと思わない場合

今すぐ奥さんと別れて!などとぶちまければ、男性が逃げ出して関係を終えることができます。しかし、相手の男性を求めているのではない場合は、一時の安らぎや慰めといった行為を求めているにすぎません。期待もしていないし、不毛な関係という自覚もあるため、会える時に会えれば十分だ、そういう関係でいいと諦めや物分かりが良くなっています。

それだけに、終わるチャンスを逃しがち。これがマズい。

なんの発展性もなく、愛とも言えない。もしかするとペットを飼った方が充足するのかもしれない。そんなナマぬるい状況に身を置き年月を無駄に費やしてしまう、コレが無駄なのです。

自由意志で充実させているように勘違いしてしまいますが、結局仕事だけの生活から仕事と不倫の生活に変わるだけです。成長も本物の充足もそこにはありません。

相手がいるだけで妙な安心感が芽生えてしまい、今は結婚とか別にいいかもなーんて。余命も短くなっているというのに、そんな呑気なことを言ってる場合ではありません!

若い頃の不倫は時間を無駄に使ってでもそれなりに何か学べる勉強のようなものですが、我々アラフォーはもう勉強してる段階ではありません。結果を出さなくてはなりません。

結果を出すための行動を1日も早くスタートすべき時に時間の浪費を続けているのは愚かな行為だと思います。

 

その2)マジ不倫の場合

「大丈夫、私は自分を統制できる、いつでも後戻り出来る。
と思うんです、その時は。

でもアラフォーともなるとそうそう頼れる場所があるわけじゃない。そうなるとなかなか手放せないものです。年をとって臆病になり、嫌というほど孤独も味わっています。甘い温もりが目の前にあれば「今だけ、もう少しだけ」とズルズルと続けることになってしまいがちなんですよね。

もう大人だしコントロールくらいできるわと思っているのですが、気がつけば、これこそ本物の愛よ、彼が運命の人だったんだわ、いろいろ経験した今だから確信が持てる、出会ったタイミングがずれただけで彼だって奥さんと居るよりも私と生きた方が幸せなのよ!と一気にエスカレートするのは若い時と変わりません。

問題なのは、アラフォーともなれば相手の男性も自分自身もそれなりに社会的地位を築いており、バレた時の損失が大きいということです。

両方ともに若気の至りでは許されず、相手の奥さんや子供から訴えられたり、会社にバレて飛ばされたり、お金や社会的信用を大きく損なう可能性が高くなります。そしてそれを取り戻すことはもうできません。

若い時の不倫の代償が薔薇の棘で自らつけた指の小傷とするならば、アラフォーでの代償は周囲から背中を鞭で滅多打ちにされる懲罰や制裁をくらうようなものです。

アラフォーではもう、時間も社会的信用も取り返すことはできないのです!

 

・・・・・

以下はその2タイプの友達のマジ不倫の顛末、実話です。

 

アラフォーの友達のひろみちゃん(仮名)はとても努力して出世しました。忙しくて彼とも自然消滅したまま別れてしまい、気がつくとアラフォーで、周りには恋愛対象者になる独身男性はおらず、出世を狙うライバルばかりになってしまいました。

そんな時、イケメンの年上の既婚者が現れたのです!

ひろみちゃんは既婚男性との関係は初めてではなく、またそう言った男性の中には彼女の権力に媚びる「ビジネス恋愛」を仕掛ける男もいるということをわかっていました。なので初めは相手にせず警戒しビジネスライクに接していました。

しかし、仕事で疲れたひろみちゃんの心は恋愛に飢えていました。ルックスが好みだったということもあり、徐々にその彼に心を許していくようになりました。仕事を通じて仲良くなり、飲みに行って仕事の愚痴を聞いてもらううちに深い関係になっていきました。

それでも、彼とは本気じゃないと気は確かでした。割り切った関係だと。

その時は....。

 

しかし案の定ひろみちゃんはその既婚者の彼にハマってしまいました。周囲は不倫を知りつつも、もう大人同士なのだから、個人責任だからと特に支持も反対もしませんでした。

ただ、その彼というのがヤリモクならぬ完全に出世目的だったのです!

 

年上のその男は、仕事上影響力のある若いひろみちゃんに巧みに枕営業をかけてきたわけです。しかも、彼女の他にも出世候補の女性社員数人を同様の口説き文句で誘っていました。飲みに行こう、君は女性として素敵だと思う、実は嫁とはうまく行っておらず別れたいんだ、等々。

同僚たちはトラブルを予感しましたが、誰も彼女に忠告はしませんでした。彼女自身が割り切った関係だと明言していますし、アラフォーにもなって余計なお節介は野暮だと思っていました。

しかし、ひろみちゃんの本気スイッチはすでにONになっていたのです!

 

手始めに、彼を狙っていそうな女性社員を重点的に蹴落としました。実際は彼の方から誘ってたのですが、ひろみちゃんが目をつけた同僚女性を猛烈なパワハラうつ病にしてしまったそうです(←マジで)。

ひろみちゃんの暴走はそれだけでは止まりません。彼の地位では到底会えないような実力者に次々と彼を紹介し始めたのです。彼がそそのかしたのは想像に容易いですが、実際に手引きをしたのはひろみちゃんでした。仕事上彼には全く関係のない案件や打ち合わせにまで登場させるようになりました。

仕事の同僚たちは青ざめました。ひろみちゃんは正気ではない、と。業務上の違和感が周囲の目にもはっきりと見えてきました。愛欲に目が眩んだ彼女は自分の職権を乱用し始めました。権力者を利用し、上司に嘘の報告を重ね、同僚も巻き込んで嘘をつかせ、帳尻合わせの尻拭いをさせ、会社に不利益を与えるまでになってしまったのです!

 

とうとう仕事関係者から総スカンをくらい、彼女の会社にも彼の会社にもバラされ、二人とも左遷という結果になりました。

 

もともとキャリア組ではない彼は左遷といっても大きな痛手はありませんでしたが、そこそこの地位を築いていたひろみちゃんは職権乱用不倫の大きな代償を払いました。部署異動だけでなく業務異動まで行われ、長年のキャリアが一瞬で吹っ飛びました。

 

しかしひろみちゃんはというと、彼と業務を装って会うことはできなくなりましたが、異動先の方が責任が軽いため自由に振る舞えると喜んでいるのです。依然として彼は奥さんと別れたがっている、だから今後も”真剣な交際”は続ける、アラフォーだから妊娠も急ぎたいので楽な仕事に異動になってちょうどよかった、などと、反省どころか頭の中がお花畑状態です。

 

どうですか?アラフォーの不倫のこの取り返しのつかない感。

 

ひろみちゃんは何にも知らないウブな女の子じゃありません。職権を乱用して彼を出世させようとしたたかに画策し、既成事実を作って離婚を促進させ略奪しようと企てているのです。

 

アラフォーにもなって、キャリアも、信用も、失って。

 

利用価値がなくなった彼女を彼がどうするかは明白じゃないですか?ひろみちゃんだって最初はビジネス恋愛だってわかっていたはずです。何もかも織り込み済み、お互い計算尽くで始めたはずです。

彼は家に帰るだけ、何事もなかったように今まで通り奥さんと過ごし、異動先でまた新しいカモを探すだけ。

では彼女は?

 

ひろみちゃんは数十年のキャリアを棒に振り、未経験の仕事を1からまた積み上げ、自分よりも職位が低かった同僚の部下になり、それまでチヤホヤしてくれていた人達から無視され、業界では噂話が広がって笑い者にされるでしょう。

 

もう1度言います、

アラフォーで、キャリアも、社会的信用も、男も、全てを失うのです。

 

ぞっとします。書くだけで背筋が凍ります。

アラフォーが払う代償はこんなにも大きいのです。

そしてそれはもう2度と取り戻すことはできないのです。。。