東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

彼氏がどうやったら結婚する気になるか

女友達(既婚)が言うんです、もし自分が男だったら絶対結婚なんかしない、と。

だって経済的に面倒みなきゃいけないし、時間だって自由がなくなるし、遊べなくなるし、相手の人生に対して責任負わされるし、男にとって結婚なんかメリットないじゃん、うちの旦那よく私と結婚したなぁって。

いやあコレ本当だよなあと思うんです。

世の妙齢の女子の中には今付き合っている彼氏と結婚したくてうずうずしている人も多いはず。長く付き合ってるのに彼がプロポーズをしてくれないというような悩みはよくありますよね。

でもこの年齢になると男の人の言い分も少し理解できる気がします。だいたい、男性が結婚したくない主な理由といえば・・・

・お金がない、経済的に余裕があったほうがいい

・自由でいたい

・面倒くさい

・責任を負いたくない

これくらいに集約されるのではないでしょうか。

じゃあこれと反する状況なら結婚する気になるのか?理由別に対策を練ってみます。

 

・お金がない、経済的に余裕があったほうがいい

これはリアル三高のハイスペ男性も言っていましたが、専業主婦願望の女なんてイマドキとんでもないそうです。このご時世に遊んで暮らしたいなんて都合が良すぎる、俺が必死で稼いだ金で嫁が贅沢に遊んでいるなんてバカバカしいと。働けよ、働いて当たり前だろ、ということらしいです。アラサー男子からも聞いたことがあります。お金がない男性にせよ、経済観念がしっかりしている男性にせよ、彼女が働かないと現実的ではないと考えているようです。

彼がこう言う考えなら答えは簡単、あなたが結婚後も働いて家計を支えればいいのです。もちろん妊娠計画や現場復帰や家計や家事育児分担についても明確にして。アラフォーの我らは男は外、女は家の時代の親に育てられた世代です。まだまだ専業主婦願望が根強いかもしれません。しかし現実は収入の多少に関わらずみんな働いています。現実に合わない妄想は捨てて、私も家計を支えるんだということを彼に宣言しましょう。今現在経済力がないヒモ彼氏なら結婚後もきっとそのままです。それでも好きならあなたが覚悟を持てばいいのです。

 

・自由でいたい

主に時間や環境的な意味でしょう。男性に限らず、一人暮らしの自由気ままな生活って楽ですものね。別に今の生活が嫌なわけでもないし、浮気をしたいわけでもない、ただ誰のことも気にかけずに好きなようにいられれば楽だということ。いつ誰とどこへ呑みに行こうが、何時に帰ろうが、お風呂も入らずそのままソファで裸で寝ようが、休日夕方に起きようが、起きて缶ビールを飲んですぐまた寝ようが自由。手放すのが惜しいのはすごく理解できますよね(笑)

過度な束縛やあなたのリズムを彼に強要していないか思い返してください。自分が不安だからって彼を囲い込もうとしたり、付き合いが長いからって母親と息子みたいな関係ではありませんか?大人なんだから男は男の世界があることについて理解を示しましょう。いつ誰と飲みに行こうがいいけれど食事の準備があるからメールで連絡だけ欲しいとか、使用済み食器はシンクに入れておいて欲しいなどの最低限のルールだけ二人で決めればいい。もちろんあなたも守る前提で。自由はさほど損なわれないことを示しつつ、結婚の良い面(経済的余裕、家事の負担減、心の安定など)をプラスしてアピールしてみましょう。

 

・面倒くさい

現状に満足している人の多くがこの理由なのではないでしょうか。そうなんです、今幸せだし別に変化させなくていいんじゃね?別に不満とかないしこのままでもいいんじゃね?って単純に思っている、それがオトコ、地球上で最も面倒くさがりの生き物です。そもそも男性は結婚の必要性や憧れを女性ほど持っていません。興味のないことなのでわざわざ腰をあげるのが面倒くさい。女性にとっては大問題なので「どうして?私のこといい加減に考えてるの!?」と折り合えません。

何も考えてない人に委ねても始まりません。彼からのプロポーズや伺いを立てて承諾待ちとか受け身の姿勢をやめましょう。食事に親を呼ぶ、結婚式のパンフを取り寄せて自分の希望を伝える、下見の予約を入れる、実家の法事に連れていくorついていく、などあなた自身が仕切っていくのです。いちいちお伺いを立てても「めんどくせー」と言われて終わるだけです。ゴールまで自分がカボチャの馬車を引っ張るつもりで着々と段取りを打っていきましょう。面倒くさがりは流されやすい性格でもあるので、あなたが突っ走るのを止めずに言われるがままついてくる可能性も高いです。ただあなたが仕切って行く過程で明らかな拒絶が見られたら、それは面倒くさい以外の真の問題があるのでしっかりと解決に向けて話し合いましょう。

 

・責任を負いたくない

面倒くさい、の裏の顔とも言える、真の結婚しない理由大本命でしょう。私のこと軽く考えているの?無責任だわ!と怒りたくもなりますが、誰だって責任を負いたくないですよね。それが人の人生ともなるとなおさら腰が引けてしまいます。よっぽど責任感が強い男性なら付き合って2〜3年で放っておいても自分から言い出すでしょう。しかし普通〜普通以下の責任感なら結婚って責任重大だなぁと思うのも理解できます。

そもそも責任重大だと考えるって、真面目な人が真面目に考えたから重いっていう感覚に陥ってるのだと思います。あなたの人生、生まれてくる子供のこと、互いの親のこと、結婚したらちゃんとしなきゃって思うからこそ重くなる。慎重な性格なのかもしれませんし漠然とした不安を抱きやすい性格なのかもしれません。

だとするならば、あなたも一緒に責任を負うことを理解させれば良いと思います。男だからって全て一人で背負うわけではない、妻として夫への責任を半分はあなたが背負っている、安心して将来を任せてほしい、何があっても家庭を守り彼を守ると。付き合ってる時から相手に依存しすぎる女性なら、結婚後さらなる重荷を背負うのではと彼が不安を感じるのも無理はありません。妻になるのですから覚悟は女性にも必要です、彼女時代の甘えは捨てなければなりません。

別に今と何も変わらない、あなたをもっと支えたい、家族になってむしろ私たちは強いユニットになれると、頑張りすぎる彼の肩の荷を降ろしてあげる方向で話を進めてみればいかがでしょうか。

 

 

これでうまくいったら苦労ないわ!と思うかもしれませんが、一つ一つの要因を潰していくしかないと思います。が、実際にそこまで覚悟を持って、彼ともコミュニケーションしましたか?

彼が結婚を切り出してくれないという女性の多くは白馬に乗った王子様病だなって思うんです。彼がプロポーズしてくれない、彼がはっきりしてくれないって、自分は結婚願望を匂わせてただ待つだけの姿勢。努力も、会話も、覚悟もない。

男性はみんな結婚に積極的なわけではない、普段考えてすらいない、ということは女性が積極的に進めるしかないんですよね。実際に彼と結婚にこぎつけた子は、ちゃんとプロポーズさせてるというか彼をプロポーズまで導いてる(笑)つまらないプライドや他力本願を捨てた人が結婚できているんだと思います。

 

私事でいうと、イマ彼は外国人ということもあって結婚については法的な契約だと割り切っています。離婚のペナルティも日本と違うし、長く付き合ったから好きだから結婚するというわけではなく、結婚という契約書を交わす明確な必要性や理由が必須だと思っています。私も今は結婚したいと思っていないので付き合っていますが、他人からよく聞かれるので早い段階で話題にはしています。今はまだそんなことを話し合う段階ではない、それでお互い納得しています。

でもこのまま続けば私はあなたと結婚してもいいと思ってるよとも伝えています。私と結婚するとあなたにもこんなメリットがあるよ、でも彼がクリアすべき厳しい条件もあるよと。彼がどう思っているかわかりませんが言った時は予想外に嬉しそうな顔をしていました。

将来自分の気持ちがどう変わるかなんてわかりませんし状況がそれを許さないかもしれません。だけど今からそういう話をしておくことは大事だと考えています。私たちはまだ結婚できない要因の発生前の段階なので何の覚悟もしておりませんが、コミュニケーションをしっかりとることで将来に備えています。結婚するしないは別としても、今から意識して気軽に話題にしたり、そうやって互いの結婚観を知り合うことが大切だと思って実践しています。

彼氏からのプロポーズを漠然と待ったりせず、結婚話に進まない要因を一つ一つ確実にクリアして「あなたが」結婚へ導きましょう!