読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

婚活中に気づいた矛盾、婚活支援サービスはただの恋愛支援に過ぎない、それって結局アラフォーになっても恋愛結婚目指してるからの巻

婚活支援サービス、一度は利用したことありますよね。

ネット婚活会社・合コンやパーティ事業・マッチングサイトなどなど、

いろんな種類のサービスが存在しています。

私も結婚相談所以外の全てを試してみました。

 

気がついたんです、

コレって結婚支援サービスじゃなくて恋愛支援じゃね?

 

 

最初にアレ?っと思ったのが某婚活支援ネットサービスのCMでした。

「私は歴女」「僕は時代ものが好き」…あっ気が合うポイント!

「カフェ巡りが好き」「コーヒーはドリップ派です」…あっまたまた!

 ♬あなたにピッタリ合ったお相手が、数十万人から見つかります!!!

みたいな。

 

d( ̄◇  ̄;)趣味が合うとかって・・・それは結婚の条件じゃないのでは?

 

 

次に、割と本気度が高そうな街コン系のサービス。

参加者分類は年代と年収あるいはリーマンとか公務員とか職種くらい。

そもそもパーティのほとんどが会話のテーマと場のセッティングだけ。

「日本酒と料理好きな◯代男女飲み会」

「猫好き男女で猫カフェ街コン」

「アウトドア好き男女グループ単位で行動できるイチゴ狩り」

みたいな。

 

d( ̄◇  ̄;)その会で本当に結婚相手探せるの?婚活に必要な話できるの?

 

 

そしてマッチングサイトはそれはもう細かな条件設定ができます。

が、高い理想を入力しお相手が出てきたとしても情報の信憑性は薄いし、

その後は実在するかどうかわからない人たちとのメールの繰り返しです。

 

d( ̄◇  ̄;)そこから結婚まで持ち込む力量ってむしろ難易度高くね?

 

 

結局、結婚したいなら相談所で相手を探すべきという結論に私は至りました。

結婚相談所は男性が結婚願望を確実に持っているのが前提、

本人確認や卒業証書・収入証明など条件の裏もとれているのが前提、

だから条件に合う結婚願望のある男とのセッティングが前提。

ここまでのお膳立てをしてもらえれば、

普段の生活でなかなか結婚できない人でも可能性があるのではと。

 

しかし、すべての婚活サービスを一通り網羅した独身知人たちは、

相変わらずいい人がいないと独身のままなんです。

彼ら彼女らの話を聞いているとどうやら、

△ 結婚したい

◯ 恋愛結婚したい

 

だとするならば、

婚活支援サービスが趣味だとか飲み会のセッティングだけでもおかしくない。

 だって結婚したい側の人が

「まず恋愛から始めたい」と考えているんですもの。

 

アラフォーにもなって20代の頃と同じ手順を踏むのは

時間がもったいない、どんどん年を取ってしまうと思うのですが、

それでも恋愛関係の後に結婚したいという気持ちはわかります。

 

解せないのは、

独身の知人たちがそうやって出会ったり、

友達から紹介してもらった相手を断るときの理由です。

 

・顔が好みじゃない 

・会話が続かない

・服とか余暇活動の趣味が合わない

・オジさん(オバさん)っぽい

・太ってるからヤダ

 

んー、、、、、

 それってやっぱり20代の頃と同じような理由ですよね、

アラフォーになってもまだそんなつまらないことにこだわってるの?

 

 20代の頃に出会ってなくて、付き合えてなくて、

付き合えたとしても結婚まで持ち込めなかったのに、

アラフォーになりいろんな意味で自分も劣化してるのに、

未だにその頃の感覚で恋愛相手を探してるんですか?しかも結婚前提の。

 

結婚相手をそんな中学生レベルの条件でふるいにかけるなんて

精神的にあまり成熟しているとは言えないし、

だからこそ、選ばれたい相手からも選んでもらえないんだと思います。

そんなんじゃ、いくら恋愛支援サービスを利用しても

結婚できないよと思うのであります。

 

上記と同じような理由で機会を捨てている人に言いたいです、

そんな条件は友達とかキャバクラで満たせばいいのよ、と。

服の趣味とか映画の話でカフェで2時間話していられる男友達、

顔やスタイルが超好みのガールズバーの若い女の子、

ルックスとか趣味とかってそういう関係でも簡単に満たせる内容じゃない?

 

もし恋愛支援サービスを利用するのだったらば、

顔とか趣味とかが好みの人を見つけてメール交換から〜ではなくて、

初めからプロフや検索で結婚前提の条件や希望をしっかり打ち出して、

引かずにそういう話についてきてくれる相手を何人か選び、

その中からとりあえず生理的にOKな人と交際スタートしてみる。

GF・BFレベルなら複数同時進行でもありだと思います。

 

そして数ヶ月内には一人に絞り込み、

今度は1年でも真剣に交際してみることです、もちろん結婚前提で。

1年続いたら結婚の時期についてもう決めてしまうことです。

1年付き合ってもまだちょっとわからないというような相手は

すっぱり切ったほうがお互い次に進めて時間が無駄にならないでしょう。

アラフォーが1年も親密に付き合って判断ができないことはありえないし、

結婚前提で中年が付き合うのですからむしろ期限を決めなきゃいけない。

ズルズルと今のままでいいじゃん、となってしまえば

付き合いだけは長いのに先が見えてこないラビリンスで彷徨う

多くのアラフォーカップルの仲間入りになってしまうでしょう。

 

アラフォーの恋愛結婚上等です!(難易度高いけど)

ただし若い頃のような恋愛を続けた先に結婚があるという考えは捨ててください。

恋愛結婚をしたければ、結婚ありきの恋愛相手を探すのです。

好きになった人と結婚するのではなく、

結婚向きで可能性が高い、そういう人から恋愛相手を選ぶのです!

 

婚活にお金かけてるけど好みの人がいなかった!と嘆く前に、

そんなに好みではないけれど結婚には向いてるかも?の相手を見つけてください。

そして片っ端から誘ってお食事してみてください。

結婚相手としては不向きと思えば即バイバイ、

見かけはパッとしなくても意外とこう言う人といると楽かもなぁ、

なーんて自分の好みの変化に気づくこともあるものなんですよ。

 

とにかくデートしなければお付き合いは始まりません、

付き合わずして恋愛結婚は達成できませんよ!