東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

熟女の生き様を考える

松居一代さんの件、ご存知ですか?

女優さんが俳優の旦那さんと離婚訴訟することをブログで発表し、

その中で旦那さんの不倫のことやお相手のこと、

旦那さんがバイアグラを使用していることなど

かなり個人的なことまで公表なさってるんですよね。

その上で、出るところへ出てやる!と息巻いていらっしゃる。

 

私も記事や動画を拝見しましたが、

トーカーとかリベンジポルノやる人と同じ精神状態に思いましたし、

彼女に対して泣きわめいていた元議員と同じような嫌悪感を持ちました。

 

先日、歳をとってから急に離婚することになった知人の話を聞いて、

歳をとったら女はどう生きるべきなんだろ?とふと思っていたのですが、

この一件で熟女の生き様についてまた考えさせられてしまいました。

 

40代で熟年離婚した知人の場合は、

女としてもう盛りを過ぎているからどうやって生きていけばいいのか、

若い女のように魅力的ではないし、容姿はどんどん劣化するし、

次の男が見つからないのではと絶望していました。

松居さんは浮気された悔しさを晴らしたい罰したいと

ジハード戦士のような気持ちなのでしょう。

 

しかーし、

 

 

若さにしがみついたり、

若さを基準にして女を選ぶ男にすがったり、

男がいないと生活していけないと依存したり、

過去にしがみついたり、

ネガティブなことに囚われたり、

 

それらは全て大人の女の生き様としては醜悪だと思うんですよねー。

 

 

知人は旦那さんに大変な裏切りにあったので気の毒なのですが、

それでも好きなら一緒にいることもできたし、

怒りに任せて慌てて離婚しなくても

自活の算段をちゃんとしてから別れることもできた。

こんな年増でもいいという男はロクなのいないって嘆いてたけど、

彼女の方こそ選り好み高望みがすごく激しい。

 

旦那さんの裏切りという不運・アクシデント・非常事態に遭ったけど、

現象は現象、それはそれ、どう処理するかは本人次第だし、

遭ったことは不運ですごくお気の毒で彼女に非はないのだけど、

事故処理の仕方が大変残念というか、

正直行って心の底から応援したいとは思えませんでした。

 

松居さんも女優さんですし、

大変なお金持ちでいらっしゃるそうですから、

笑って別れて若いツバメでも侍らせて見せびらかせばいいのにね。

 

熟女ってたぶん(アラフォーの皆さんも含まれてますよ!)、

自分で限界を作ったり、

他人の評価に振り回されたりとか、

信用という部分で他人に迷惑かけたりとか、

やってはいけない域に達していると思うんです。

 

上記ポイントにおいてはもはや成長過程ではないわけで、

完成されてて当たり前、そんなこととっくに習得・卒業済み。

それが熟してる証しなんだと思います。

 

よく言う「しなやかに生きる」とか「凛としていたい」とか、

私はそういう詩的な表現よくわからないんですけど笑

・自分で限界を作らず

・他人の言うことをいちいち気にせず

・お金や仕事や信用に関わることで他人様に迷惑をかけない

その範囲で「私は私だもーん」と艶然としてればいいんじゃないですかね。

 

高条件の素敵な男性を振った理由として

「彼には男の美学が感じられないのよねぇ」と言った友達がいました。

女が男に惚れる理由に男の美学が挙げられるのなら、

男が女に惚れる理由に女の生き様が...

あったらいいなあ〜。