東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

母親が娘の結婚感に影響していると感じる件3選

ご本人の結婚感や実際の結婚生活に、

実の母親の影響が強く感じられることがあります。

影響を受けてるなと思うそのほとんどは「長女」さんです。

以下、いくつか例を挙げてみました。

 

★浮気夫を持つ母親の背中を見て育った娘の結婚生活

Aさんのご実家は代々続く商家でした。男は外で上、女は内で下、の教育を徹底して受けてきたそうです。お父様は生まれつきのお金持ちのおぼっちゃま、遊びも派手だったそうです。お母様はそんなお父様へのストレスを、子供だったAさんに度々ぶちまけていたそうです。

男なんて脳みそが下半身についているものだからしょうがないと愚痴ったり、女の所へ行こうとするお父様を引き止めてと小さいAさんに泣きわめきながら懇願したり。Aさんはそんな母親を不憫だと思いつつも、見苦しい、こんな生き方したくないと思っていたそうです。

だけどAさん自身も女性関係が派手な男性に嫁ぎ、そして旦那様の浮気には一切動じず、黙認する妻になりました。しかし結局、おおっぴらに浮気を繰り返す夫で苦労させられている妻という点で母親と全く同じ道を辿っているのです。

浮気そのものよりも、それを隠さないし文句も言わないなんてまともなパートナーシップとは言えません。今度はAさんの娘さんの恋愛観にも「男は女の言うことなど聞かないものだ、特に下半身は制御できない」とうっすらにじみ出ているのを感じ、悪循環と思わずにはおれませんでした。

 

★母親にNOと言えないアラフォーは彼より実家を優先する

Bさんとお母様は仲良し母娘です。今でも毎日その日あったことを母親がメールしてくるのだそうです。Bさんはそれに毎日ちゃんと返信してあげています。

お母様とお父様が不仲とか、深刻な健康問題や金銭問題を抱えているとかいうことは全くないのですが、お母様は昔から兄妹の中でも長女のBさんを頼りにし、お話や相談事をしていたそうでした。

問題は、Bさんが婚活や彼氏よりお母様を優先させてしまうことです。母親が心配するからと彼氏の存在も言わなかったり、長期休暇も彼氏と過ごさず実家にべったり帰省して、お母様の買い物などに付き合ってあげています。

お母様は結婚せずに実家に戻って一緒に暮らせばいいと言うそうです。自分たちも寂しくないし、Bさんも経済的にゆとりができるでしょう、と。Bさんは自分が冷たい態度をとったら母親はきっと傷つくし可哀想だと思っています。そうして毎晩面倒臭いなと思いながら、母親にメールを返信してあげています。

彼氏と結婚の話も出た事がありましたが、彼も長男のため自分の実家を優先しにくくなるかもと思うと結婚も考えられないそうです。

 

★女の幸せとお家の安泰は全て結婚にかかっていると10代から英才教育

Cさんは跡取り長女さんでした。ご実家の事業を引き継いでくれる有望な男性と結婚しなければならない使命がありました。お母様は10代から口を酸っぱくしてCさんの果たすべきその使命と、女はいい男を捕まえて専業主婦として優雅に暮らすのが幸せなのだと繰り返し言いました。

彼女が20歳になるとお母様はお見合いをさせるようになりました。資産家への婿入りですから、お相手は慎重に吟味せねばなりません。彼女が適齢期になると、お見合いも毎月から毎週になり、毎晩の食卓では早くお相手を決めろとせっつかれるようになったそうです。

ハイスペック男性とのお見合いに明け暮れたCさんの実際の恋愛相手はクズばかりでした。親にも紹介できない結婚向きでない男性とばかり付き合い、結局家督を継げない男性に嫁いでしまいました。そしてその夫は浮気症の甲斐性なしDV男で離婚しました。

自分は親の期待に応えられなかった悪い娘だとCさんは今も自分を責め続け、しかし相変わらず結婚向きでないチャラ男や人に言えないような恋愛ばかりしています。

 

・・・

毒母という言葉が一時世に出回りましたが、

その時にふと、それまで普通に見たり聞いたりしていた友達の話が、

母親との関係性や母親の結婚感がモロに娘の将来に影響し、

そのせいで彼女たちが苦しんでいるんじゃないかと考えさせられました。

 

 

親の価値観は少なからず子に影響するものでしょうが、

大人になってもこんなに本人を縛るだなんて。

上記した点においては3人とも不幸だと思ってしまいました。。。