東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

アラフォーのハイスペック男性たちが集う飲み会での振る舞い方

アラフォーのハイスペくんたちの飲み会のお話です。

知り合いの男性たちの飲み会にお呼ばれしたのですが、

一部上場企業の役員、億プレイヤー、医師、投資会社、一流企業の海外勤務組など、

みんな高学歴、高収入のハイスペック男性ばかりでした。

合コンではなく顔見知りの飲み会なのですが、

話していることや考えや振る舞いなどを通して、

ハイスペくんの攻略法などを書いてみたいと思います。

 

●プライドが高いハイスペくんだからこそ、賢く会話を回すと喜ばれる

エリートさん同士ですから、内輪の楽しい飲み会でもやっぱり「俺の方が優れている」ということをちょっとでも言いたいんですよね(笑)

高いレベルでのヒエラルキーは存在しています。実際は年収では誰がトップ、会社の規模では誰の方が上、役職では誰の方が偉い、受付の女の子の人数と美人度では誰の会社、乗ってる車は・家の住所や持ち家かマンションか、などなどキリがありません。

それぞれが自信のあるところを、上手に肯定して会話を活性化してあげるととても喜ばれます。気をつけたいのは誰か一人をえこひいきしてはダメだということ。すごいねえ素敵ねえと均等に褒めることがマナーです。そうすると本人も顔が立って満足するし、この女性がいれば全体がいい雰囲気(特定の誰かだけ天狗になったり気恥ずかしい思いをしたりしない)になるというイメージを持ってもらえます。

一流クラブのホステスさんなどはこういう会話のプロなんだと思います。一見にこやかに親交を温めているように見えても、男性は競争心でいっぱいで、俺の方がすごい負けたくないと内心ヒリヒリした思いでいます。上手にみんなの顔を立てて角が立たずにするように配慮することで、この人がいてくれれば大丈夫、賢い女性だなという安心感を持ってもらえます。そうすることで、次もハイスペックな男性が集う飲み会にまた呼んでもらえるのです。

 

●競争心を煽るのもひとつの手

不思議なもので、そこまで親密なおつきあいをしていなくても、「エスメラルダさん先日はどうも」などと一人が口火を切ると、なぜか我も我もと私との薄いエピソードトークをみんなが始めようとします。

誰とも特別なおつきあいはしていないし、せいぜい数カ月に一度飲みに行くくらいの同じような距離感です。たったそれだけのことでも、ハイスペックさんたちは張り合うのです。

大した事実もないのに含みを持たせて意味深に「こないだの話の続きは結局どうなったの?」とか「お前は前からそういうとこあるから」とか「いつものことだよね」とか、やたら私に絡む親密風トークを放り込んでくるのです。

それを聞いた人の頭の中にはいろんな妄想が渦巻くことでしょう。

メッセージのやりとりだけなのか?それは何時頃の会話なのか(俺は0時超えたらノーレスになったぞ)?どっちから誘ったのか?それは二人きりなのか少人数の飲み会なのか?どんなランクの店に行ったのか?帰りはタクシーで送って行ったのか?

これは、私に気があるのではなく、仮想のトロフィーに見立てて誰が一番トロフィーに近づいてるか男性同士のパワーゲームをしているだけです。そこを逆手にとって「俺がみんなより一歩リードしてるはずだ」という競争をさせるのです。

私の場合は上記のようなマウンティング合戦が始まっても、個別の付き合いを隠したり、あるいはさも親しそうに振舞ったりしません。ええ相変わらずお元気そうで何よりでしたーとか、美味しいお店でごちそうさまでしたーとか、その節は相談に乗ってもらってありがとうね〜とか、あなたには全部お見通しね〜などとみんなの前で普通に事実を話します。

ハイスペさんは競争心が強いので、俺はそんな話聞いてないぞ!とか、うわ〜億プレイヤーもバツイチモテドクターもエスメラルダさんを口説いてるのか、と勝手にどんどん妄想を膨らませ「それなら俺も」と競い合おうとするのです。

ある程度女性を渡り歩いてきた男性や女性を自由にできる力のある男性は、女性そのものを見るだけでなく、その背後にいるライバルをも見通して、競争心や独占欲が湧いてくるという話もよく聞きます。

 

●男性同士の話は遮らず、ここぞというときは目と口と手で3人同時進行でお相手

エロい話ではなく(笑)

ハイスペックな男性同士はやっぱり仕事の話や勉強の話や真面目な話もとても活発に議論し合います。そういうときは黙って引いておいた方が良いと思います。

普段の軽い会話の時のような、えーそれってどういう意味〜?難しい話でよくわかんなーい(笑)などという無邪気な合いの手は、男同士の真剣勝負の時は邪魔になります。わからないなりに黙ってその場で聞くだけにして、誰がどういうことに興味を持っているのか、どういう人脈があるのか、様々な情報の収集に努めましょう。

そして、賑やかにみんなで会話を回して行きましょう!という場面展開になったら、その時こそ女性の華やかさや嬌声を発揮しましょう。

プライドの高いハイスペくんたちですから、自分が蚊帳の外におかれるのは許せないんですよね。だからポツンとしてしまう人が出ないよう、自慢話を始めた人に「すごーい」と相槌を打ちながら、違う人にニコッと目線を送り、ちょっと今の話どう思う?と他の人に軽く触れるととりあえず3人は同時進行でお相手ができます。

積極的に話の輪に入ってこない隅っこの静かな人でも、トイレに立つときに背中にそっと触れたりとか、戻り側にちょっと声をかけたりするだけでフォローできます。

 

 

いかがでしょうか?

私はなんとなくこんな感じで、

先日も飲み会後に2人からタクシーで送るよと言われ、

他の2人から個別にデートのお誘いをいただきました。

 

まあ全員が独身ではないですし、

男性たちのパワーゲームの一貫かもしれませんがありがたいことです。

 

 

ハイスペックを狙うならハイスペックが集まる場所に一緒にいることが一番です。

そして一緒にいて価値がある女性だという印象を持ってもらうことだと思います。

 

なんとなく出会いはあるけど特別なメンツの飲み会には呼ばれないとか、

ハイスペくんが居ても2ショットのお誘いがこないなど、

次に繋がらない状態が続いているならご参考にしてみてくださいね!