東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

紹介するのをためらう婚活者たちの特徴

知人男性に食事会を開いてくれと頼まれています。

以前に何度か彼に女友達を紹介したのですが今では気が進みません。

男性だけでなく女性にもそのような知人がいます。

良い相手がいてもこの男性・女性には紹介しないな、

紹介しても無駄なんじゃないかなと思ってしまうタイプについて書いてみます。

 

 

◆無口・消極的

圧倒的にコレです。

自分から話さない人が本当に多いんです〜。

男性は質問に答えるだけなど話を広げない、

女性は何かと連れの同性に逃げがちで、

あなたたちのための食事会なのに私たち紹介者が喋ってどうすんのよぅ!

 

せっかく連絡先を交換しても相手からの連絡を待ってたり、

またみんなで飲みに行くことを期待し、

そして誰かが仕切って誘ってくれるのを待っている。

結婚したいと言う割には自己アピールも相手の情報収集もしない。

本当にやる気あるのかな?って疑ってしまいます。

 

 

◆おしゃれをして来ない

友達に男女として紹介してもらう場なのに、

化粧直しもして来ずいつもと同じ色気のないパンツワークスタイル、

いつものスニーカーにフリースにダウンじゃなくて、

革靴にジャケットに体に合った襟付きシャツくらい着て来てよ。

 

相手の方がちゃんと装って来てくださった場合やデート向きのお店場合、

すごく失礼だしその時点でもう礼節という意味では釣り合わないと思う。

こんなの連れて来てなんかごめん・・・って申し訳なく思います。

条件のいい男性や可愛い子が紹介可能でも、

このような、”相手に対する気遣い”より”あるがままの自分”

を優先させる人はナシですね。

 

 

◆飲み会で乱れすぎる

ノリよく食事会の雰囲気が弾むのは良いことです。

が、お酒が進むに連れ制御が効かなくなる人って最悪ですね。

 

男性は下品な下ネタ・ボディタッチが増え、相手がドン引きしてるのもお構い無し。

キャバクラ遊びより安上がりと勘違いしてるんじゃない?と思います。

女性もお酒で弾け過ぎちゃって言葉遣いが悪くなったり、

男性のご馳走でタダ酒を満喫しに来てるだけになっちゃったり。

 

相手がまともな人ほど、紹介したこちらの信用問題にも関わります。

酔って乱れる輩は良い条件の人や大事な人には絶対紹介できません!

 

 

◆婚活と言いつつセフレやビジネス目的の相手を探している

いるんですよ、男女共ちょっとルックスが良くて異性慣れしてるタイプ。

婚活を隠れ蓑にしているけど、

実はセフレとかビジネスチャンス目当てのやつ。

 

友達の紹介相手にまさかそんな食い散らかしたりしないだろう、

本気にさせて用済みになったらポイ捨てしたりしないだろうって思いますよね?

でも、そういう他人を利用する気満々の人ってそんなこと気にしないんです。

 

自分の大事な友人にそんな扱いされちゃたまったもんじゃありませんよね。

いくらハイスペックでも美人でも紹介された相手が喜ぶだろうと思っても、

そのあとの惨状が目に見えているので、

そういう人と同類のどーでもいい人しか紹介できませんね。

 

 

◆ルックスが好みじゃないからとNG

無口に次いでコレ多い!

アラフォーで残りもん同士ですよ?

西島秀俊竹野内豊伊藤英明伊勢谷友介みたいな、

石田ゆり子井川遥中谷美紀松嶋菜々子みたいな人が来るわけがない。

ぶっちゃけ大泉洋や平野ノラでも無理。美男でも美女でもないけど、

一般人として存在してれば恋人や配偶者がいてもおかしくないレベルですよね。

 

性的にイケるかどうかは脳で決まってしまうのでしょうがないですが、

結婚相手を真剣に探しているならルックス以外のチェック項目が他にあるはずで、

それを備えてる相手かどうかは何度かお話ししてみないとわからない。

大事なことより些細なことで少ない可能性を放棄してしまうのです。

 

こういう人には真剣に婚活している人を紹介できません。

 

・・・・

結婚したい、いい人がいたら紹介して!というわりにどうでしょう?

上記の項目をズラーっと読んでみると、

到底本気で婚活しているとは私は思えないんですよね〜。

 

この人はもうほぼ結婚を諦めていて、

なんならこのまま1人でも楽だし良いかと思い始めていて、

降って湧いたように理想の相手を紹介してもらえるんだったら頑張るけど、

そこそこの相手に努力なんてしたくない、というモノグサな考えなのでは?

 

そんな人に関わると、

セッティングに骨を折ったり盛り上げようと気を使ったり、

一生懸命なこちらがバカらしくなってしまいます。

紹介して欲しければ、本人も必死で努力してる様を見せるべきです。

 

冒頭で書いた知人男性は条件的には結婚向きの人なのですが、

本人が「超無口」で「アラサーの可愛い子じゃないとイヤ」という二重苦。

では、ハンサムじゃないお腹のでた無口なアラフォー男性が好きだという、

アラサーの可愛い子が私の周囲にいるかと聞かれたら、

そんな人は1人もいません、存じ上げません、と答えるしかありません。

そんな人は今までもいませんでしたし、これからも出現しないでしょう、と。

 

学生時代の合コンではなく、大人の婚活なのですから紹介する方も真剣です。

紹介する方も無責任なことはしたくないと思っています。

仲の良い友人なら特に幸せになってほしいと願っているからです。

その友情の温度と自分の婚活に対する温度、釣り合ってますか?

年齢が高いからこそ恥ずかしがらずに面倒がらずに真剣勝負!で行きましょう。