東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

婚活:ハイスペック男性狙いについて

周囲に居ますか?ハイスペック男子。

私の周りには未婚・既婚問わず結構います。

そして未婚のハイスペック男子を狙うアラフォー独女も大勢います。

 

ハイスペック男子だけを狙っている女性は一見してわかりますよね。

同席している並スペック男子に対する態度があからさまに違うから。

ファッションや会話へのあいづちなど全てハイスペ男子に媚び媚び。

その態度って間違ってないと思います、でも媚びるだけでは足りません!

 

彼らは自分が市場価値が高いことを十分に分かってるし、

他の男性より優位に立っていることを認めてほしいと四六時中思っています。

だから媚びれば好かれるというよりも、

彼らにとってはチヤホヤしてくれる女は最低条件に過ぎないということです。

 

美人の友達が言っていました「お美しいですね〜」って褒められても嬉しくないと。

だって美人なのは生まれつきだし、美しくいることに努力しているし、

それらを総合的に褒められるのは当たり前のことだと思う、

同じことを言われ続ければ慣れてしまってそれが特別に思わなくなる、と。

ハイスペ男子も同じです。持って生まれた能力と自分の努力、

それに裏打ちされた自信があるのですから、

女性の浅い媚びは、他人によるただの事実認証に過ぎません。

(褒めなきゃそれはそれで不愉快に感じるのもこの手の人たちの特徴ですが。。。)

 

媚びるだけでは記憶にすら残りません。

彼らが何を考え、何を望み、手に入れたいかを掘り下げていきましょう。

 

ハイスペ男子は100%自分の市場価値の高さを自認しています。

ブサイクだろうが同列では非モテだろうが男の世界では結局お金で優劣をつけます。

男とはそういう生き物です。

年収の高いハイスペ男子は、当然ながら自分は選べる立場だと思っています。

選べるならば、ブスより美人、バカより頭のいい女、

一般事務よりCAがいいと誰だって思いますよね。

ランチの予算に10,000円使えるならすき屋豚丼を選択肢に入れる必要はなく、

うなぎや鮨やステーキから選ぶよねーという話です。

 

実際一流企業に勤めている人は周囲にいる女子や合コン相手もハイスペックですよね、

街中でよく知らない女と恋に落ちるなんてリスクをとる必要がありませんもの。

安全地帯の中から自分の好みに合う相手を選び、

その中からフィーリングが合う相手を選べばいいのですから。

 

選べる立場(だと思っている)の男性を狙うのなら、

確実に出会えるステージに自分が上がれる努力をすべきだと思います。

美人、経歴、育ち、振る舞い、なんでもいいしひとつでもいいから。

ハイスペが好みそうなステージに乗ることを目指してください。

 

例えば美人を目指すとして。

一般ウケする美しさを目指してもいいし、

自分独自の美しさを追求してもいいんです、

美しさの定義や好みは男性によっても違うんですから合う人は必ずいます。

最低限、自分に似合う服や化粧を知っており上品であること、

スタイル維持の努力をしていること、

TPOをわきまえた振る舞いをすること、

これが常に出来ていれば全然違うと思います。

やりもしないで「美人はいいよねー」とか言っていませんか?

ハイスペ狙いで媚びるだけの女性ってそういった努力をしていない人も多いです。

 

私は一般ウケする美しさを手軽に真似たことがありますが、

そんなインチキな手法でも周りの態度は一変してハイスペ男子からモテました。

私の顔かたちが変わったわけでもないのに。

心がけでどうにかなることも多いんだなと実感しました。

きっと若いうちはみんな若くて美しい上に努力するのですが、

アラフォーになるとあるがままになってしまいがちなんです。

だからちょっとした努力が、

アラフォーを並べたときに過大評価してもらえるのではないかと思います。

 

内面の話になりますが、ハイスペ男子って自分にも他人にも厳しいです!

努力無しにハイスペックにはなれませんし、男の世界ならなおのことシビア。

戦って勝つためには努力と自己管理ができなければなりません。

だから見るからに努力も自己管理もできてない女性は嫌われます。

やっぱり平均値が高い女性が好まれますよね、

苦手なことは誰でもあります。

が、そこを努力してある程度の結果を出せる人、

そういう生き方ができる能力がある人が好まれていると思います。

 

ハイスペ男子を狙う女子に問いたいのです、あなたはその厳しさについていけますか?

 

・・・・

以下余談。

平均値が高ければとっくにハイスペ女子として生きてますよね、

そうじゃないから今こんな日記を読んでいるし書いているのですが(笑)

 

私のお粗末な経験から言いますと、

ハイスペ男性はやっぱり女子アナみたいな外見が好きですねー保守的です。

ナチュラル系とか職場の同僚っぽい感じより、もう少し女性的に見える感じ。

色気はあったほうがいいです、下半身で考える生き物ですから。

でも常に上品でいることがミソです、そこが並男子より厳しいかな。

ハイスペ男子はバカとか下品に対する恥や嫌悪感が一般男性より強めだと思います。

 

接待方法としてはやっぱり褒めること。

当たり前だと思っていても褒めて欲しいんです、頭がいい、すごいと(笑)

意味的にはその2つで十分、

あとは語彙力や表現のバリエーションを増やす努力で喜ばせることができます。

その男性があまり言われたことなさそうな褒め言葉があるとなお良し。

男らしい、とか、色気がある、とか。

自分で気づいてない魅力を教えてもらえるのって嬉しいですよね。

そんなこと言われたことない、と反論されたら

”私は”そう思うし好きだけどな、の一点張りで大丈夫です。

 

お世辞を連発しつつも堂々としていると媚びてる印象を持たれません。

頭が良く見えたり、モテる女性に見えるらしいです。

そういう女性に褒めてもらった方が価値があると錯覚するみたいですし(笑)

基本的に男性はMなのでしょうか、

褒めつつ1〜2割叱るとすごくハイスペックな人ほど喜ぶかも。

日常もお世辞ばかり言われ、当たり前と思う一方でどうせ嘘だろって思ってる。

だから叱られるとこの人は本音で話してくれてると思うのかしらね。

イコール、お世辞も本物の褒め言葉なんじゃないかと(笑)

 

あとはハイスペック同士張り合う意識が強い。

男の見栄の張り合いですね。そういう生き物です。

ハイスペくんとデートしたと聞きつけると我も我もと寄ってきます。

人気がある女という特別感とか、あの男より俺の方が上という対抗意識とか、

そういうつまらない男の見栄も強いです。

 

好かれる、までは上記のようなインスタントな手法でもいけますよ!