東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

ドラマ「きみが心に棲みついた」の星名さんタイプの男の経験がある件

人気ドラマで向井理さんが演じているイケメンのドS元彼、

昔関わりを持ちかけた男性に特徴が酷似しているのでそのことを書きます。

 

星名さんタイプの男性の特徴をドラマ中の役の様子やセリフなどから挙げると

 ・外見も頭も良く異性からとても人気がある

 ・模範的な生活をしている一方でとんでもなく暴力的で破滅的な言動もする

 ・過去や家族の話の中で絶対に触れない闇のようなものがある 

 ・女性を自分の所有物のように扱う

 ・女性の行動をこっそり監視している

 ・過剰な駆け引きや無理難題を好んで行う

 ・人前で誤解させるような思わせぶりな態度を好んで行う

 ・女性を有頂天にさせてそのあと突き落として傷つける

 (あとで傷つけるためにわざと優しくする)

 

まーほんと、

星名さんを観ていると忘れていたその男性のことを思い出すんですわ。

 

キョドコのように傷つかずにに済んだのは、

かなり大人になってから出会ったので、

私の自我や自己肯定感がしっかりとしていたからだと思います。

 

もし23〜24歳で出会っていたらドラマ同様ボロボロに傷つけられて

その後の人生をまともに送れなかったかもしれません。

 

そんなそいつの言動とは・・・

 

●歯の浮くような口説き文句やデートで近づいてくる

ドラマみたいな人だな、というのが第一印象でした。ウソみたいにカッコよくキメて、雑誌に出てくるような素敵な店で「俺たち運命だったんだよ」とか「そいつと別れて俺と結婚しよ」とか、マンガのセリフみたいな歯の浮くような口説き文句を連発してきました。

 

●「お前ごときに俺が本気なわけないだろ」感を出す

前述のように、ヤケに少女漫画の女の子のようにキラキラした言葉やデートを放つのが好きな男性だなあと思っていると、今度は手のひらを返したようにあからさまに無視したり、理由なくデートをドタキャンしたり、他の女性の存在をやたらとアピールしてくるようになりました。

 

●俺はお前のことを全て知っているんだ感

彼のいろんな話の中でちょっと違和感のあるキーワードが続きました。「盗撮カメラなんて仕込んでないよ」「盗聴などしてないよ」みたいなワードが出てくるんですよ。普通の生活や付き合う前の距離感の男女の日常会話では出てこないですよね。彼は私のSNSをじっくりチェックして私の行動を把握し、他の男の影がないか疑って試すようなことを言ってきました。まるで支配者のような振る舞いでした。

 

●思い出話はするけど特定の話題になると避ける

家族話だけ毎回不自然な感じがありました。深くは追求しませんでしたが、どんな家庭で育ったんだろう?幼い時代に彼の中でなんらかの問題があり、それを消化しきれないまま大人になったんだなぁと思っていました。

 

●付き合ってもないのに他の人に噂を流す

他人が見たら誤解するような意味深な態度を特に人前で好んでしました。みんなのいる前で突然手を引いて帰ろうとしたり、私の乗るタクシーに乗り込んできたり、飲み会の一眼につきにくい廊下などで待ち伏せし知人に見られるタイミングを見計らってキスしようとしたり。他者に向けて私へのマウンティングをしていました。

 

●一瞬で態度が豹変する

彼が知らない飲み会に私が出席した、共通の知人男性のことを褒めた、上座に座った、そんな些細なことで表情が一変し、顔色が曇り、目つきが尋常じゃなくなって機嫌が悪くなりました。人前だったせいか手をあげるようなことはありませんでしたが、殴られるかもしれないと一瞬思うような剣幕でした。

 

●お酒に酔っている時やH中に暴言を吐く

ほ〜らこんなに濡れてるじゃないか・・・といった楽しい(笑)言葉責めではなく、女性蔑視のような本当に口汚く侮辱するような言葉を吐く時がありました。ベッドに突き飛ばされたり首を絞めるプレイをしようとしたり。痛かったり怪我をするほどではないのですが、ともすれば手荒なことをやりたい感でうずうずしていました。学歴もよく高収入で、普段はとてもまともな生活をしている抑制の聞く人のはずなのにです。

 

●本当に好きなら無理難題も聞くはずだろ、と言う発想

僕のためにスケジュール合わせてくれてありがとうという考えではなく、本当に俺を好きなんだったらコレくらい当たり前だろ?どうなんだよ、無理なら本気じゃないってことだよな、その程度だってことだよな、好きならどんな要求も聞けるだろ?示して見せろよ、と言う考え方で、怒らせるようなことをして許せるかとかで、その要求も徐々にエスカレートして行きました。

 

ーーーーーーーー

私は男性の失礼な態度や侮辱に対してはその場で毅然と抗議します。

いくらハンサムで高収入で素敵に振る舞うことができる彼でも、

 ・あなたのことは好きだけど私たちは付き合っているわけではない、

 ・今夜は疲れててHしたい気分じゃないからしない、

 ・失礼な言動は許さないし人としてきちんと謝罪してもらいたい、

 ・SMごっこを続けたいのなら付き合いきれないので他の女性にしてくれ、

・・・などなど、その場その場でビシッと言ってきました。

 

その度に彼は怒るんじゃなくて、

ちょっと拍子抜けしたような顔をするんです。

えっなにその反応?みたいな。

きっと、今まで思い通りになってきた女性たちは下手に出て、

悪くもないのに謝って彼に泣いてすがったんでしょうね。

だから私のような、俺様より格下だと思っていた女が

堂々と主張してくるなんてびっくりだったんでしょう。

そして、そんなはずはないとばかりにしつこくなんどもドSを主張してくる。

 

しかし何度コントロールしようしても無駄です。

だって私はもう大人、好きは好き、無理は無理、私は私ですから。

それに自分を無くしてまで手に入れたい相手ではなかったから。

 

彼の歴代の彼女って、

ドS気取りに合わせてた共依存の自信の無い女の子だったんでしょう。

そんな子とばかり付き合ってきたのだろうと思うと、

必死でマウンティングやコントロールしようとしている彼が哀れに見えました。

 

きっと彼こそ自分に自信がなくて、

最低の自分まで受け入れてくれるような人を強烈に求めているのだと思いました。

そう言った女性を渡り歩いて、自信をつけてもらっては踏み台にして捨て去り、

そうやって自分の自信を保っているような弱い弱い人なんだと。

 

実は彼を冷静に観察していくうちに彼のドS加減も芝居掛かってると思ったんです。

この人はドキドキしながらドSを演じてるように見えると。

出会いの口説き文句が運命だの結婚しよだの何かの真似ごとみたいだったように、

きっと、本質が弱い彼の中ではドSな男がカッコイイという憧れがあり、

そんな男性になりたくてドSも破天荒もただの真似事、演じてるだけだと。

 

そう思うと上記エピソードの乱暴な振る舞いや失礼な態度も、

ただのコントみたいに見えてくるんですよね。

あーはいはい「女を冷たくあしらう俺」を演りたいんだね、

そして「嫌いにならないで!あなたじゃないとダメなの!」

って私が泣くのを期待してる。

きっとその後でさらに失礼な態度で傷つけてやろうとか

泣いてる私を見て「俺って愛されてる」感を実感したいんだろうな、

って薄っぺら〜い筋書きが想像できてしまう。

そうなったらもう哀れというか関わりたくないというか、

そのまま静かにフェイドアウトするのが一番だと思いました。

 

私は人の評価はあまり気にしないし、

今の私の良いところも悪いところも受け入れているし、

嫌なものは嫌だと言うし、多少のことで自信が揺らいだりもしない。

彼がある程度私に絡んだ後すんなり去っていったのは、

思い通りに支配できなかったからという理由のほかに、

彼の歪んだ弱さをはねつける、決して受け容れない強さがあったから。

私が彼より本当の意味で強い人間だったからだと思います。

 

いや〜キャストが好きな人ばかりだし、

原作も読んでないので今後のドラマの展開も楽しみです!