東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

アラフォー婚活男性向けアラサー女子攻略のためのエッセンス

アラフォー男性の皆様は、同年代の女性より、

できることなら30代前半までの女性とおつきあいして結婚したいですよね。

アラサーの頃の私自分を振り返ってみて、

アラサー男子と比較したアラフォー男性のメリットや

アラフォー男性の魅力の活かし方を考えてみたいと思います。

 

◆アラサー女子は出産のことまで考えて結婚に直結できる出会いを望んでいる

 

20代後半〜30代前半の女性ってかなり出会いが多い状況です、

精神的にも余裕ができ、女性としての魅力に磨きがかかっている頃です。

 

だけれども、

出産というリミットに対しては確実に焦りを持っています。

自分はまだ若く恋愛や結婚はいつでもできるけれども、

出産のことを考えるとできるだけ早めに確実なお相手を見つけたいと思っています。

 

それだけに、出会う男性に求めているのは、

子供を養育していける最低限のスペックです。

上を見たらキリがないけれども、

借金があったり定職についていなかったり、

年収というよりも将来設計が曖昧な人はやはり現実的に考えられませんでした。

 

また、結婚前提の恋愛でなければ始める意味がないとも考えています。

前述の通り、女性は出産という時間的限界のある大仕事を控えていますから、

ゆっくり関係を温めて行こうよ、そのうち時期がきたら結婚しようよ、

などという男性の時間軸とは違う世界で生きています。

 

アラサー男性が、結婚すれば家事やセックスに困らないとか、

結婚に対して淡いイメージしか持っていないのに対し、

アラサー女性はすでに出産や子の養育のことまで視野に入れていますので、

アラサー男性とアラサー女子って実は結婚観に大きなズレがあるんです。

 

アラフォー男性が打ち出せるポイントはここだと思います。

付き合いが続いたら何年後には入籍したい、子供も欲しいと思っている、と

初めから明言することで、婚活中のアラサー女性のニーズに合致します。

アラサー女子が思い描いている想像を現実化させる能力と意志があることを、

臆せずに言ってのける余裕こそがアラフォー男性の強みではないでしょうか。

 

 

◆おじさんのダサさは結構かわいいと思われている

 

アラサー女子は同年代か5歳年上くらいまでの異性と付き合うことが多いと思います。

10才も年上のアラフォー男性となると”お父さん側”として見てしまい、

合コンで「僕41です」とか言われるとちょっと引く、という人もいます。

これはあくまでも市場で商品を並べて見たときに、

これは自分向けではないのでは?

自分は若いのだから41歳はカテゴリーが違うのでは?

という戸惑いのようなもので、

その人そのものを受け入れられないということではありません。

 

実際にアラフォー男性の肌のシワとか、

身動きがモタついているところとかを「かわいい」と感じることも多いです。

男性はおばさんくさい女性を嫌いますが、

若い女性はしばしば、おじさん特有のダサい感じを、

人間的な可愛さだと好意的に受け取ることもあるんですよ。

 

若い男性って必死じゃないですか、エネルギー過多でギラギラしてて。

そのくせ自信のなさを周囲のせいにしてピリピリしたりして扱いにくかったり(笑)

アラフォー男性はその辺の焦りを脱却しだす頃と言うか、

しょーがねえじゃんオレもうおっさんだもん、

でも結構がんばってるんだよ〜、と言った、

いい意味での図太さとか、ちょうどいい力の抜け加減が養われているんです。

そういうところに若い女性もホッとするんですよね。

 

強さも弱さもありのままをさらけ出せる男性に安堵し、

それを魅力だと感じるのも若い女性対アラフォー男性ならではだと思います。

無理して若作りしてもイタイと取られがち、

逆にアラサー男子と比較して劣化が浮き彫りになりがちなのでオススメしません。

(女性でも若作りのおばさんって見苦しいですよね/笑)

薄毛でもEDでもお腹が出てても、

しょうがないじゃんオレおっさんだもん、

だけどさ、

”キミのために本気で頑張るよ”という姿勢に若い気持ちも動くのだと思います。

 

 

◆包容力のあるなしより発揮の仕方に魅力を感じる

 

アラサー女子が年上の男性の必須条件にしているのが「包容力」です。

ありのままの私を受け入れてくれるのが年上男性の魅力だと思っています。

逆に言えば、同年代の男性はまだ子供っぽいと思っているということ。

同じ目線で言い争ったり、何かと頼りなかったり、

そんなアラサーくんに疲れを感じ始めるのも同年代のアラサー女子です。

 

包容力と言っても、

オレそんなに包容力あるかと言われたら自信ないわ。。。

なんでもオレに任せとけなんてそこまで強くないし。。。

と難しく考えてしまいがちではないですか?

あるとかないとか多いとか少ないとか白黒はっきりしているものではなく、

みんな持っているものだし常に完璧に持ち合わせてる人もいません。

 

アラサー女子は社会人になって10年近く経験を積んでおり、

そこそこ苦労もして現実を知っています。

なので若い女の子のような、

「私の全部を受け止めて!」なんて面倒なレベルではありません。

 

現実の厳しさをわかり、かつまだまだ若いということもあるので、

自分のことは自分で解決するけれど、

どうしても私が頑張れない時は泣き言を聞いて欲しい、

ダメな時もあるけどまた頑張れるように支えて欲しい、

でも本当にダメだったらちゃんと叱って欲しい、

その程度のサポートを伴侶となる人に求めています。

 

自分もすでに経験してきたアラフォー男性だからこそ

少し客観的に上手に包容力を発揮できるのではないでしょうか?

 

 

・・・・・・・・・・

いかがでしょうか?

ご自身もかつてはそうだったかもしれませんが、

30歳前後の男性って今の自分のことで一杯一杯で、

未来の子供のことまで到底考えられませんよね。

 

しかしアラフォー婚活男性の皆さんなら、

結婚もしないのに時間をかけて付き合っても時間の無駄、とか、

子供が欲しいなら子作りは早いほどいい、ということはすでにご承知のはず。

そう言う意味では、アラサー女子とアラフォー男性は

婚活市場の中で求めているものが合致しやすい組み合わせだと思うんです。

 

でもアラサー女子はおっさんなんか眼中にない、

結局アラサー男性と出会いたいんじゃないの?と思いますよね?

 

それって男性特有の年齢の壁の考え方だと思います。

男性はお相手の希望年齢は絶対自分より年下〜下限はないですよね。

男性の年齢的な守備範囲の広さに対し、

女性は自分と同年代くらいの男性がいい、と初期設定がかなり狭いんです。

 

でもそれは、色々経験してきて同年代がいいという結論に至ったわけではなくて、

 

年上男性と付き合った経験がそもそも少ないだけなんです。

 

男性同様女性にも年下の若い異性を愛でたいという人も稀にいますが、

やっぱり女性は圧倒的に年上の男性に対して安堵感を持っています。

アラフォー男性のライバルは、

アラサー女子が初期設定にしている30代前半〜35、36才くらいの男性です。

それらの男性たちと比べて、

アラフォーである自分がいかに魅力的かをアピールしましょう。

 

結婚の意思、子作りへの積極性、

それを実現できる現実的なスペック、

精神的な余裕を感じられるダサかわいさ、

そして、少し長く生きている経験値を上手に生かした包容力、

どれも特別なことじゃないと思います。

 

婚活において、

今の時代のアラサー女子とアラフォー男性は利害が一致していると思います。

小手先の着手するのも気恥ずかしいテクニックよりも、

むしろ今の自分にすでに備わっている事ばかりではありませんか?

あとはそれをアピールするかどうかだけです。

ご武運を!