東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

彼に結婚したいと言い続けていたアラフォー女性の結論

付き合いの長い彼がプロポーズしてくれないと、

数年来悩んでいる知人アラフォーのT子ちゃんの話です。

 

T子ちゃんと彼は付き合って10年近く、

同棲もしておりお互いの親に挨拶も済ませている安泰カップルです。

 しかし彼は一向にプロポーズしてくれません。

彼の言い分は「自信がない」というのです。

 

T子ちゃんは彼と出会って安定を見出しているのですが、

彼は過去の彼女との失敗を未だに引きずっており、

結婚生活や誰かの人生に対して責任を持つことや夫や婿としての役割など、

諸々全て背負うことに自信がないと言っているのです。

T子ちゃんはアラフォーなので妊娠についても焦っていました。

しかし彼はやはり、父親になることにも自信がないと言って拒みました。

 

 

このような”自信がない”ピーターパン男に対して私は、

”待っていても見込みがない”と思っています。

大人の男性が今自信が持てないことは、何年経っても変わりません。

結局のところ、自身の問題を理由に愛する女の夢すら叶えようとしない、

自分勝手な弱い男だと思うからです。

 

T子ちゃんたちは付き合いもかなり長いですし、

彼もT子ちゃんとのパートナーシップは強固なものだと認識しているはずです。

なのにアラフォー 女性の結婚や子供を持ちたいと言う切実な願望は踏みにじる。

結婚相手として大いに不足、人生をかけるには不向きな男性だと私は思います。

「時間の無駄、結婚したいなら彼を見限って他を探すべき」

と私は彼女に言い続けてきました。

しかしT子ちゃんは、それでも彼を愛しているからと、

結婚しようと言ってくれる日を信じて待ち続けていたのです。

 

ところが。

久しぶりに彼女に会ってみると、考えが180度変わっていたのです。

 

「うーん、子供ももういいかなと思えてきた、どっちでもいいや」とか

「結婚もね、入籍とか...なんか面倒だなって、どっちでもいいかなって」と。

 

おいおいどーしたどーした???!!!

 

誕生日やクリスマスや記念日や節目のたびに彼からのプロポーズを期待し、

私もうリミットなの子供を産みたいのと彼が萎えるほど迫りまくり、

彼の周囲に若い女の子の気配を感じるようなことがあれば特に、

”捨てられないための身分保証の確保”に固執して躍起になっていたというのに。

そんなT子ちゃんの結婚願望の強さは知人間でも知れ渡っているほどだったのに。

なんで、そんな急にすんなり達観しちゃったの???

別に入籍しなくてもいいやなんて悟っちゃったの???

 

疑問を感じながらも、私はまず祝福しました。

前々から、結婚へのこだわりを捨てた方が

彼女が自身が幸せに暮らせるのではないかと思っていたからです。

 

 T子ちゃんに限らず、こういうカップルって多いと思います。

女性側が結婚を焦る気持ちはわかりますが、

期待通りに進まないという不満や不安のせいで、

彼との円満な関係そのものがギクシャクしてしまう本末転倒なパターン。

 

T子ちゃんの場合も彼が前向きでない状態が続いてストレスフルな毎日、

見込みのない彼に期待しているとその後もずっと苦しみを抱えることになります。

しかし実際は、2人共長年仲良く安定しておつきあいをしているわけですから、

入籍という形にこだわって不満を抱えて生きるよりも、

こだわりを捨て現実的に充足していることを認めた方が幸せですよね。

 

だから、T子ちゃんもついに彼との堅い絆に自信を持つに至り、

二人のパートナーシップがいよいよ本物になった、

関係性が1UPしたというか、ランクアップしたのだな、

素敵だなよかったなと思ったのです。

 

しかーし。

 

T子ちゃんの心境の変化が不思議でもあったので、

なぜ急に結婚にこだわらなくなったのか聞いてみました。

するとこんな回答が返ってきたのです。

 

「彼が言ったの。

俺たち何年も同棲してるし、内縁関係みたいなもんでしょ?

籍は入れてないけど実質的な夫婦って意味だし、

そういう事実婚でいいじゃん、って。

彼が実質夫婦宣言してくれたからもういいの!」

 

ほお・・・・・。

 

内縁関係、実質的な夫婦、事実婚

籍は入れてなくても夫婦と同じだよ。

そう言われてこだわっていた気持ちが落ち着いた、と。

 

うーん。。。。。

 

よかったような、、、

 

なんだか彼に言いくるめられただけのような。。。

 

 

な〜んでしょう?私だけでしょうか、この話すんなり受け入れられます?

最初は言祝ぎをしていた私ですが、ちょっと引っかかりました。

 

彼が2人の関係を”夫婦と同じ”といったからそれで納得したようですが、

T子ちゃんは確固たる立場の保証のために結婚を願っていたのに、

彼のいう内容って実質なんの保証もないんじゃないの?

 

内縁関係って生活費や別れる時の慰謝料を払ってもらえたりするけど、

子供もいないし家計は別々だし彼に結婚の意思はないし、

T子ちゃんが求めていた「立場の保証」という意味で効力がないだけではなく、

実は内縁関係とも言い切れないのでは。。。(実質だたの同棲。。。)

 

 

彼氏と結婚したい彼女さんたちに聞いてみたいです、

あなたが彼氏に結婚を迫り、

彼から「事実婚だからそれでいいじゃない」って回答されたら

「そうね夫婦同然だもんね」って納得できるものなんですか?

 

私なら絶対に納得できないなと思うのです。

 

結婚って、家族として経済的にも身体的にも支え合う義務が生じ、

いい時はもちろん、悪い時も年を取っても、

相手に対するリスクと責任と義務を負うということだと思います。

そのことと、

お金を出し合って何年か一緒に住んでセックスしているだけで、

事実婚じゃん実質夫婦と同じじゃんと言われても、

真に法的に責任や義務を負う関係と同じなわけはないと。

 

愛情や感情は変わらないと思いますが、

籍を入れる結婚と事実婚とは法的に完全にイコールではなく、

責任や義務という意味で大きな違いがあるということを看過することはできません。

 

事実婚だよ内縁関係だよそれって結婚と同じだよ、

私ならそんなセリフではぐらかされたくないです。

そのような回答を私の彼がしようものなら、なんて不誠実な男なの!と怒ります。

法的に自由に居たい、離婚に伴う経済的損失のリスクは避けたい、

愛しているしずっと一緒にいたいけど籍は入れない、

そう言われた方が明快だし正直なような気がします。

 

T子ちゃんは事実「婚」とか、実質「夫婦と同じ」とか、

そういう響きのいい部分だけを心に留めてうっとりしているように見えるのです。

彼女が自らの意思で現状に満足して導き出した結論なら良いのですが、

彼の口のうまさに丸め込まれてる感じも否めないし、

彼の逃げ口上の匂いがプンプンするし、

彼女が自分で導き出したのではなく結局「彼がそういうから」という

相手任せの姿勢に対して違和感が拭えないと思ってしまいました。

 

彼女の心の持ち様が変わっただけで結局今までと何も変わっていないのです。

T子ちゃんカップルは相変わらず一緒に住み、

子供もつくらず結婚せず同棲カップルのままです。

本人の気持ちが安定して幸せなら何よりですが、

もし彼の周囲に若い女の子の影がチラつくことでもあれば、

”実質夫婦”の絆ってどうなるのでしょうか、揺るがないのかな。

 

T子ちゃんが危機感を感じ、捨てられないための身分保証の確保のために

結婚結婚とまた騒ぎ出すのがオチじゃないかなと思ってしまいます。