東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

アラサーでもこれだけの努力と妥協のすえ結婚している現実

知人の後輩の話です。

モナちゃんはルックス普通のアラサーちゃんです。

どちらかというと非モテの部類に入る自分の未来を危惧してか、

20代後半から合コン、婚活パーティなどかなり積極的に婚活をしていました。

(先輩女子からはモナは婚期を逃して仕事に生きるだろうと思われていました)

 

モナちゃんは高望みをしているというよりも、

石橋を叩いて渡る性格ゆえ、もし結婚できなきゃ困るから、

とりあえず活動はしておこうというスタンスでした。

イケてないから努力しないと人並みの人生送れないという不安があったそうです。

日頃から普通のルックスなりにモテファッションやメイクの研究もし、

出会いから恋愛中の様々なことに対しても勉強熱心でした。

 

お付き合いした人は何人かいましたが、モナちゃん曰く、

同年代男性(アラサー)との出会いの場に行っても結婚にはつながらない、

アラサーくんは恋愛はしたいけど結婚感はまだ漠然としており、

その時が来たら自然と考えればいいんじゃない?という悠長な人が多い。

 

出産計画や職場復帰を考えるとそれでは間に合わない!

つきましては30になったのを機に結婚相談所に加入し、

お相手をゲットしてついに結婚しましたということでした。

 

お相手は一回り年上のアラフォー男性、

自分がまだアラサーなので紹介所でも申し込みも大変多く、

同年代の集まりよりかなり高条件の候補者から選べたと言います。

 

あまり華やかな方ではないモナちゃんは

20代からせっせと合コンに通ったり、

少ないお給料の中から勝負ドレスを用意したりと努力をし、

30歳で「恋愛ではない、結婚をしたいのだ」という目標に切り替え、

男性も結婚の意思が明確である相談所に入会し、

そして恋愛の時とは違って結婚目線でお相手を絞り込んだのです。

 

私は感動しました。

彼女がまだヒヨッコの頃は、彼がメールの返事をくれない場合

どのタイミングでどのくらい期間が明けば督促を出していいですか?

文面や長さはどうしたらいいですか?とピヨピヨ鳴いていたのに、

「結婚相手だと割り切って条件のプライオリティを変えました!」

と今ではのたまうのです。

 

 

しかも、結婚の日取りや式の段取りまで自分で仕切ったそうです。

結婚の意思はあっても男性は段取りまでは率先してやってはくれない、

だから早めに親の顔合わせの日を設定し、

その日までに日取りの目安だけでも決め、

顔合わせの日に何年の何月にねと親の前で確定し、

そして式場選びと進めていきました、と。

今は出産計画をしっかり立てています、

職場復帰とか不妊だった場合のことも含めて夫に刷り込んでます、と。

 

おおおおお、なんということでしょう。

アラサーちゃんでもこの努力、この切り替え、この行動力。

私たちアラフォーより選べるのに、

まだまだ希望はあるのに、

現実をしっかりと直視して行動しているではありませんか。

やっぱりそうした人が結婚できるのだとつくづく感心しました。

 

アラフォーにもなって顔の好みとか馬鹿げた高年収とか誘われ待ちだとか、

その程度の結婚のイメージで運命が訪れるのを待っていることが

いかにオカシイか痛感せざるを得ません。

 

「結婚したい」というならば、

結婚に向けて努力をして、

結婚に近づくために自分の中で気づかねばならないことは何かを分析し、

この人と結婚しようと折りあえるところで決断することだなと。

 

エスメラルダさんにもオススメです、〇〇っていう会社なんですけど!と

真剣な顔で紹介所を教えてくれたモナちゃんよありがとう(笑)

きっと彼女は幸せになる、自分で幸せを見つけていく人だと思いました。

 

アラフォー未婚の皆さま、

アラサー非モテのモナちゃんですらこの成長ぶり成功ぶりです。

そろそろ恋愛脳から結婚脳へ、

運命や白馬の王子さま願望といった待ちの姿勢から活動家へ変わりませんか?