東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

続;婚活サイトに生息する男

少しやりとりが進んだので改めて登録している男性について追記します。

 

まずメールのやりとりを数回していくと、

必ず次のステップとしてお会いしてお話ししませんか?という流れになります。

 

先日の回で書きました普通のおっさん【盛り】からも、

絶妙のタイミングでお食事のお誘いがきました。

 

【盛り】男と推測されるAさんは、先日のプロフご参照の通り、

特別素晴らしくはありませんが、全てにおいてまあまあイケてる75点の男性です。

友達から紹介されたらつきあってもいいと思えるスペックです。

流暢な自己紹介と、さらりとこちらのことを聞き出す巧みな文章力、

平日も週末も1日1回メールするマメさと頻度もわきまえています。

 

私はAさんにお会いしてもOKだとお返事をしました。

その際Aさんから聞かれたので、好みのタイプも合わせてお答えしました。

そう、高学歴・高収入ですと、プロフ通りに改めて。

ですが最終的にはフィーリングだと考えているので、

ぜひ会ってお話ししましょうね、よろしくお願いしますと締めくくってみました。

 

私はこの時こそ、彼が【盛り】なのかどうかを判断する時だと思っていました。

 

Aさんのプロフ上のスペックは、私の希望に著しく不足しているものではありません。

プロフ通りのスペックで、かつプロフ通り真剣なお付き合い相手を探しているなら、

私の希望がちょっとハードル高いなと思ったとしても、

アプローチした女性がデートOKと言っているのですから、

会うだけでも会ってみようとするでしょう。

 

ですが、そのメールを送ったが最後、

Aさんからぷっつりと連絡が途絶えたのです。。。。

 

【盛り】破れたり!

 

もう一度書きますが、私の提示したタイプは、

私のプロフに最初から書いてあることで、当然それを読んでアプローチしてきたはず。

そしてその条件はAさんのプロフともさほどかけ離れてはいないはず。

なのに、改めて明示されてたちまちしっぽを巻いて逃げるのは、

会ったら盛っていることがバレてしまうと思ったからでしょうね。

もしくは素敵な男性像を気取るにしても難易度が高いから面倒くせーと思ったか。

いずれにせよ、いきなり返事もしなくなるなんて

真剣なお付き合いを求めているまともな人ではないということがわかりました。

 

実はこのAさんは【盛り】の中でもダントツで怪しかった(素敵だった)ので、

デートの直前に本音を叩きつけてみようと初めから計画していました。

【盛り】だったら絶対そこで化けの皮が剥がれるはずだと。さすれば案の定。

女性を引っ掛けるために詐称に近い周到な嘘をつく、

【盛り】を排除でき、無駄な時間をかけなくて済んでよかったです。

 

その他、まだまだいろんな人がいらっしゃいます。

・真面目で温厚、人からは面白いと言われます、まずはメールからな40代

   →そんなプロフ100万人くらいいるのになぜ工夫しないのか?

 

・人生いろいろあって女性から学ばなきゃと気付きました、

 こんな僕をぜひ分析してください!という50代

  →興味ない男性を女性が分析したいと思うとでも?( ̄O ̄;)しかも50遅っ。

 

・退職後閑職に就き年収は高くないけど不動産収入で悠々自適に暮らしている、

 長期バカンスに同行してくれるGFを求める60代

  →旅行中のメイド兼セフレ募集とは楽しい人生ですね〜

 

その男性が相手の女性に何を求めているか、

その男性のコミュニケーション能力がいかほどか、

婚活サイトの面白いところは同じ型に嵌めて並べた時に

そういった格差や個性がめちゃくちゃ際立つところです。

 

会社にいる暇そうな役員が夏休みに海外旅行に行ったとして、

その時の同伴者をネットで募集してるなんて思いませんよね?

隣の席のバツイチ男性が、ねえねえ俺のこと分析してみてよ、

なんて飲み会で言ってきたらドン引きですよね、誰もお前に興味ないわ!って。

でもそういう人がワンサカ出てくるのです。

 

75点の【盛り】男が戦線脱落したところで、

90点の10歳年上の熟男からデートの申し込みが来ました。

プロフ通りなら盛り男より断然ハイスペックの肉食系です。

恋愛以上結婚未満を求めて婚活サイトに登録したのですから、

ぜひとも成果を上げたいところです!