東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

アラフォーと健康問題。プラス恋愛。

前回健康問題の話で書きましたが、

私、もうすぐ入院しないといけないんですけれども、

彼に話すべきかまだ迷ってるんです。

 

今の彼とはまだ付き合いが短くて、しかも結婚とか考えてない関係です。

好きなのですが、互いの問題(お金や親の介護など)は

それぞれが解決するという考え同士で、

彼も自分の問題で私に助けを求めたりしません。

 

そんな関係の彼に、自分個人の深刻な話。

報告する・しない、あなたならどうしますか?

 

必要性で考えると。

入院期間は当然会えないわけで、

手術する可能性が高いので入院前後も含めて調整中はしばらくHもNG。

なんで?って必ず理由を求められますよね。

言わなきゃいけない場面が必ず来る。

 

仕事で忙しいとか実家に帰らなきゃいけなくなってとか、

嘘の上塗りをするのも嫌だし、誤解が生じて信頼関係が崩れても困る。

 

・・・のに、なんか言いたくないんですよね〜。

 

生死に関わるほどかというと、

今のところそこまで深刻ではないんですが、

開けてみないとわからないというか、

最悪の事態も考慮には入れとかないといけない。

正直、不安もあります。

 

いずれ言わなきゃいけない場面が来ることもわかってるし、

不安も分かち合って支えて欲しいという気持ちもある。

でもなんとなく言いたくない。なんとなく言ってはいけない気がするんです。

 

 彼に「私入院することになって」と言っても、

「それは大変だね、いつからいつまで?手伝いが必要な時はいつでも言ってね」

こんな感じでこの話題は終了〜になりそうなんですよ(笑)

 上記しましたが、互いの問題はそれぞれが解決するという関係なので。

 

本音を言うと、そう言われるだけならちょっと残念です。

もっと心配して欲しいとか、世話を焼いて欲しいとか、

期待したい自分がいるんですね。。。。

 

でも一方で、

結婚の約束をしているわけでもないのに、そう言う付き合いでもないのに、

そんな深刻なことで相手にもたれかかるなんてルール違反なんじゃないの?

今のこの関係性の上では重いんじゃないの?と思っています。

 

アラフォーからの恋愛には好きとか嫌いだけじゃなくて、

健康問題や介護など深刻な話に直面しがちと前にも書きましたが、

いざ自分が深刻な話に直面した時、

昔なら彼氏になんでも話していたのに、今は変に遠慮してしまう。。。

 

もしかすると前に友人に聞いた実話が不安をあおるのかも。

友達の友達がアラフォーで病気になって手術が必要になったそうです。

そうしたら、長年同棲していた彼が、

そのタイミングで逃げてしまったんですって。

治療費など経済的にも大変、心身ともにサポートが必要なその大事な時に、

長年付き合った男がさっさと家から出て言ってしまう。

恐ろしい、悲しい話じゃありませんか。。。

 

私も心のどこかで彼のこと信用してないのかも。

病気なの、大変なの、って言ったら、

面倒くせえな知らねえよと逃げてしまうんじゃないかと内心恐れているのかも。

だって私たちは、自分のことは自分で解決する大人の関係だから。

お互いにそういう距離感が居心地がいいから。

 

面倒臭いと思われたくない弱さや心配されたいという甘え、

そして、

自分のことは自分でいたしますんで、と言う自立心。

それら間で揺れるのも大人の恋愛ならではかもね。