読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京エスメラルダ

オトナによるオトナだましぃな日記 in Tokyo

婚活:ネットから結婚に至った話〜男性編〜

アラフォーの男性がネット婚活から結婚に至ったお話です。

女性の方もアラフォー男性の心理や行動分析にぜひお役立てください。

 

まさるくん(仮名)30代後半・バツ1・子無し・上場企業社員です。お父さんは銀行マンという割と裕福な家の長男として育ったまさるくんは、いわゆる理系の草食男子です。アラサーで最初の結婚をし離婚、その後は仕事漬けで寂しい日々を送っていたそうです。

 

ルックスは可愛い感じ、性格も柔和・真面目・素直と、モテそうに思えるのですが、女性が少ない職場と残業過多の毎日、そしてハンティング能力ゼロの口下手の草食気質が災いして、離婚後は長い間彼女もいませんでした。

 

年上の女性から可愛がられそうなタイプで、お相手の女性は長男の嫁としてチャキチャキ仕切ってくれそうな同年代〜年上のしっかりした女性がよさそうに思うのですが、いかんせんまさるくんは自分と似たような理系の引っ込み思案な年下女性が好みで、なかなか日常生活ではマッチしなかったようです。

 

そこでアラフォーに差し掛かったのをきっかけに、まさるくんは一念発起してネット婚活に登録しました。自動送信される候補の女の人とまずはメールからのやり取りです。実生活でのアプローチはダメでも、メールならいろんな女性とも交流しやすいだろうと考えたそうです。

 

そのネット婚活会社では、初めは女性の顔も学歴も仕事も何にもわからないのだそうです。女性側でそのような設定ができるのかもしれませんが。なので趣味とか自己紹介などの文面だけである程度気の合いそうな女性を見つけねばならず、外見もスペックも全く分からない状態で相手を見極めるのに苦労したそうです。

 

また2〜3回のメールの往復でなんとなく自然消滅してしまうことが多かったそうです。よく知らない者同士が少ない情報の中で雑談を続けて警戒を解きデートの約束を取り付ける、これって合コンでやることと同じですよね。ネット上とはいえ草食男子には難易度が高い作業です。まさるくんもさることながら、好きになる相手もおとなしい女性なので基本的に待ちの姿勢、コミュニケーション能力も高くはありません。お互いそれではなかなか進みませんよね。無駄に月会費を払う日々が続いたといいます。

 

それでもなんとか良い人と出会い、1年ほどお付き合いをしたのちプロポーズ、めでたく結婚に至ったとのことでした。まさるくんは結婚願望を持ち子供も早く欲しいと思っている男性です。彼女は初婚のアラサーということもあって結婚に慎重な考えを持っていたようですが、アラフォーのバツ1まさるくん(とその親)側がこのチャンスを逃してなるものか!とかなり前のめりにお話を進めたようでした。

 

このお話を聞いていて、適齢期世代とその親にとってネット婚活はもはやネガティブなイメージのものではないんだなと実感しました。まさるくんの親は銀行マンいうガチガチの家系、お相手の女性自身も国立大卒の才女です。私はネットで婚活してるなんて友達にも言えない古い考えの人間ですが、世の中もっとオープンで進んでるというか、そのようなお堅い性質の人たちですら(親世代ですら)ネットというものはただのツールだと割り切っているんだなあと驚きました。

 

あと、まさるくんや以前に書いた非モテ男子のぷーちんのように、アラフォーで結婚願望が強いまともな男性が確実にいるんだということも実感しました。彼らはみんな実生活で女性との接点が少なく、合コンなどでのアプローチが下手なだけ。生活力もあり人柄もいいんです。ここはやはり女性側も待ちの姿勢ではなく、会話をリードしたり、リクエストをうまく伝えたりできる女の人がより早くよりいい物件を勝ち取れるのではないかと思いました。

 

ネットでの出会いなんて・・・と思っていた皆さんも一度試してみてはどうでしょう?